那須の盆休み

盆休みに那須へ帰省して、周辺を歩き回った。出掛ける前に庭に咲く花を撮影してみた。

 

最初に向かったのは、とちぎ明治の森記念館。旧青木家那須別邸前の庭には、ひまわりが満開に
咲いていた。生憎小雨が降ったり止んだりで、傘が手放せなかった。それでも、ひまわりは見事で、
見応えはあった。ひまわり畑の周辺には花畑があり、ナツズイセンやアナベルが見事だった。

  

帰り道、沿道の田んぼアートに立ち寄った。毎年違った図柄で楽しませてくれる。今年は、第2
会場もあるというので、塩原市関谷に向かった。雨もまた降って来て、ほかに誰も訪れる事もなく、
静かにアートを楽しんだ。

 

日を改めて、黒羽の簗場に行って、アユの塩焼きを食べた。テーブルの頭上には、鯉のぼりならぬ、
アユのぼりがあった。脇では、店の人がせっせとアユを焼いていた。簗場は、夏休みとあって親子
連れで溢れ返っていたが、肝心のアユの姿は無かった。

 

その後、伊王野の道の駅へ足を延ばした。相変わらず、鉄の水車が回っていて、その前の水路には、
ハッチョウトンボ(?)が多く飛んでいた。そこに咲いていたサルスベリも綺麗だった。

 

翌日、那須の温泉宿に一泊した。宿へ行く前に、再びとちぎ明治の森記念館へ行き、ひまわり畑
を見た。この日は天気も良く、青空を背にひままりの花が映えていた。周りのナツズイセンその他も
素晴らしかった。

  

その後、藤城清治美術館に初めて行った。門の前の塀上には、影絵のキャラクターがいて出迎えて
くれた。また、入館するまでの、彼方此方にある猫の影絵オブジェが 楽しい。通路脇にはアジサイ
の花も咲いていた。別棟の教会のステンドグラスも素晴らしい。

 
 

まだ時間があったので、那須フラワーワールドにも行った。この時期はケイトウが一面に植えられて
いて、素晴らしい眺めだった。園内を廻っていると、雲行きが怪しくなってきたので、速足で廻った。
ケイトウのほかにも、バラ、百日草、ダリヤ等が植わっていて見事だ。ひとしきり見終わると、急に
雨が降って来て、暫く足留めを食ってしまった。

    

それでもまだ時間があったので、次に話の種にテディベアミュージアムに行ってみた。言わずと
知れたテディベアを集めた所だが、古い物から新しい物まであって、結構楽しめる所だった。
暫く時間を潰しても、まだ雨は降り止まないので、併設のテディズガーデンという喫茶コーナーで
お茶をした。インテリアも飲み物もテディベアをあしらっていて、楽しい所だった。

 
  

雨も小降りになって、やっと旅館に向かったが、到着すると生憎の土砂降りで、やっとの事で中に
入った。後は、栃木牛を食べて、御用邸と出所が同じという温泉に入って、翌日は真っ直ぐ帰った。

那須の盆休み」への1件のフィードバック

  1.  那須の綺麗な花々を堪能させて頂きました。
     自然の中でらんも素敵ですね。
     我が家の狭い花壇とは大違い!
     是非訪れてみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です