ブログ

まことちゃん(Mak)のブログです。写真をクリックすると拡大できます。

ブログ一覧

大崎周辺の桜と花

大崎周辺の桜と花を見て歩いた。
3月12日には、大井町迄行ったついでに、品川中央公園に立ち寄って、クリスマスローズ・ハクモク
レン等の写真を撮った。

3月24日には、買物ついでに、さくらテラス~大崎駅付近の目黒川沿い桜を見て歩いた。開花宣言は
出てはいたものの、この辺りはまだ満開とはいかない。所々オオシマザクラも咲いている。歩道の
植え込みには、ハナズオウが綺麗に咲いていた。






3月26日、東品川へ行く用があり、ついでに目黒川沿いを、大崎~東品川迄歩いた。桜は七分咲き
というところだろうか。天気も良く、花が光り輝いていた。途中、ヤエザクラが一本満開に咲いていた。




川沿いの一角に、ヨウコウが咲き終わった木があり、花びらだけが見事に落ちて、とても面白い光景が
見られた。この辺りは直ぐ海になるので、いつもカモメが沢山やって来る。手摺りに並ぶ光景は、
とても面白かった。先日寒緋桜を見た荏原神社の脇を通り過ぎて、東品川海上公園へと向かった。





東品川海上公園の近くの街路樹に、柳が植えてあり、新芽が垂れ下がって綺麗だった。公園に入ると、
桜が満開に近く咲いていて、素晴らしい。シダレザクラも咲き始めていて、花がとても可愛らしい。
ハナモモやハナカイドウ、ヤマブキ等も綺麗だ。






用も済んで、大崎駅周辺に戻り、桜並木、ハナモモ、スイセン等を写真に収めた。


3月27日には、大城駅近くの再開発地域を散歩した。桜も素晴らしいが、トキワマンサクやスイセン等
も咲いており、春全開という雰囲気だった。公園も併設され、家族連れが楽しむ姿もあった。



そこから更に足を伸ばして、大井町に向かった。途中、品川中央公園に立ち寄ると、桜も素晴らしい
が、大勢がミニ宴会を開いていた。


ついでに買物をして、大崎に戻って、名残の桜を眺めた。最後の写真は、31日の花筏の様子。

3月27日                 3月31日

これで今年の桜も見納めとなる。

林試の森の河津桜

東京で河津桜が見られる所を検索したら、不動前の林試の森があったので、2月24日に、散歩がてら
出掛けた。家からは30分程掛かるが、運動には丁度良いか。林試の森へ行く前に、目黑不動に立ち
寄った。平日とあって、参拝の人影も少ない。山門の向かいには、一寸法師の石像もある。梅の花も
満開で見事だ。


林試の森に着くと、入り口で早速河津桜が迎えてくれた。そこから園路の坂を上ると、広場があり、
そこが河津桜の園地になっていた。広場の周囲に10数本の桜があり、どれも満開になっていて、見事
だった。宴会はダメとは言いながら、何組かはシートを敷いて座っていた。中には、同郷の仲間らしき
人々が、大きな声で歌を歌っている姿もあった。桜の下から見上げると、花が陽の光に透けて、とても
素晴らしい。




園路の隣には、ツバキも咲いていて、綺麗だった。その後、桜を見ながら公園の奥へと向かった。
途中、池があり、周囲にはスイセン等多くの花が咲いている。池にはカモの姿もあった。









園内を一周して、再び桜が咲く広場に来て、桜を眺めると、また桜の写真を撮ってしまった。


後日、再び林試の森を訪れると、桜は終わりかけていて、葉が多く出て花も落ちていたが、ツバキは
満開になっていた。また、入り口の手前にあるポケットパークでは、ツバキ、ハクモクレン、
モクレン等が、所狭しと咲き誇っていた。


林試の森のソメイヨシノも見事なので、その時期にまた訪れたい。

荏原神社の寒緋桜

2月10日の午後、晴天に誘われて、荏原神社の寒緋桜を見に出掛けた。この所、写真を撮る機会がない
ので、満開の桜を見て、心がワクワクした。目黒川沿いに下って、家から10分程で着いた。鳥居を潜る
と、参道左手に大黒様が座っていて、神社の番人の様だ。ここの寒緋桜は、人気スポットで、多くの人が
この時期に訪れる。皆カメラゃスマホで写真を撮っている。


桜にはお約束のメジロが沢山やって来ている。また、ここの寒緋桜はあちこちで良く見るものより、
色が薄く、形も花びらが開き気味のようだ。その為、より華やかに見えて素晴らしい。





陽に透けた花も、とても綺麗だ。社殿には、何故かしめ縄があったが、桜祭りなのだろうか。
最後の写真は、帰る途中の、恐竜公園の恐竜達だ。


遠くに出掛けられなくても、近くを見直すのも良いかも知れない。

秋の大崎の花と紅葉

もうすぐ今年も終わろうとしているが、今年は春以来まともに写真を撮っていない。撮るのはごく
近場で、何とか近くの大崎の秋を撮ってみた。目黑川沿いの桜は、紅葉もとても綺麗だ。ただ、今年
は冬の桜イルミネーションが中止で、寂しい限りだ。また、道路脇の植え込みやビルの植え込みには、
色々な花が咲いていて、目の保養になる。そして、街路樹のハナミズキは、秋になると赤い実が沢山
付き、葉も紅葉して素晴らしい。






あるビルの空地には、ジュウガツザクラが何本かあり、この時期に沢山の小さな花が咲く。全体的
には余り見栄えはしないが、花は可愛らしくて綺麗だ。ツワブキも黄色い花を沢山咲かせている。



目黑川には、水が綺麗なときは色々な水鳥がやって来て、結構楽しませてくれる。桜の紅葉の下
には、花筏ならぬ紅葉筏が出来て面白い。近くの花壇の花も綺麗に咲いている。



今年は旅行にも行けず、写真を撮る機会が少ないのが残念だ。

那須簑沢の彼岸花

茂木の彼岸花を見に行った翌日、10月3日の朝に、庭に咲く花を撮影した。

そして、この日は那須簑沢の彼岸花を見に行った。前日の彼岸花は少し早かったので、大分北の簑沢は
早いかと思ったが、案に相違して、白っぽくなった花が多く見られた。ここでは、稲の刈り入れを遅く
している所があり、彼岸花の赤と稲の黄色の取り合わせが素晴らしい。赤とんぼもちらほらと見られた。
この日は土曜日にも関わらず、人出もそれ程多くなく、ゆっくりと彼岸花を愛でる事が出来た。







その後、伊王野の道の駅へ行き、名物のそばを食べた。いつも行列で諦める事が多いが、幸いにも
ソーシャルディスタンスで食べられた。周囲ではソバを作っており、彼岸花とソバの花のコラボが
見られた。


簑沢は、時期が来るとよく訪れる所だが、今年は心なしか寂しげであった。