イエローストーン紀行(2)

イエローストーン紀行(2) 

4日
シェリダンからイエローストーン国立公園の北口の街ガーディナへ。長いバス旅だったが、途中の
大陸の風景を満喫できた。ロッキーの山並みを見ながら、牛の牧場見たり、長~い貨物列車と競争
したりと、結構楽しい。途中の休憩地のストア前には、日本では余りお目に掛かれないDVDのレン
タル機が置いてあった。丁度親子連れが借りに来ていた。その後見掛けた貨物列車は、ディーゼル
機関車3重連だった。手前には先日空から見た円形の牧草地があり、刈り取って巻いた物が沢山
転がっていた。そして、イエローストーン手前のリビングストンで昼食となった。ZAC’Sという
レストランで、APPLEWOOD-SMOKED MONTANA-STYLE BARBECUEなる物を食べた。その店
の受付前には、各州の車のナンバープレートがびっしりと貼り詰めてあって面白かった。

 
 

昼食後、いよいよイエローストーンに近づき、ロッキーの山並みも迫力を増して来て、やっと
念願のイエローストーンに来たと思うと、ワクワクして来た。

 
 

そして、北口の街ガーディナから公園に入ると、早速素晴らしい景色が目に飛び込んで来た。
イエローストーンリバーの支流のガーディナリバー沿いの草紅葉が素晴らしい。道路の下の方には
川沿いの温泉場が見える。

 

程なく、最初の観光スポットのマンモスホットスプリングスに到着した。ここが最も来たかった
所だ。バスを降りると、目の前にバッファローとエルクの姿があった。余り近づくと危険なので、
距離を置いて見ていた。


 

そこから、再びバスでそのエリアの最上部まで行って、そこから歩いて下迄降りた。途中には、
彼方此方に温泉が噴き出る所があり、石灰棚が形成されている。温泉が出なくなると、出来た
石灰棚は死んで黒っぽくなってしまう。広大な一面で、その輪廻を目の当たりに出来るのは、
本当に素晴らしい事だ。ここが世界遺産になっているのも頷ける。こんな所にも、健気に生えて
いる草もあり、葉っぱが光って可愛らしい。春にはトルコのバムッカレで石灰棚を見たばかり
だったので、感動もひとしおだった。

 

 
 


 

 
 

かなりの高低差を降りて来て、最下段の石灰棚に来た。歩道脇にはアザミの花も咲いていた。
石灰棚の前には、リバティキャップという過去に温泉が噴き出ていた塔がある。流れ出た水では
鳥が遊んでいた。そして、ミネルバテラスに来た。そこでは温泉が滔々と溢れ出ていて、物凄い
迫力だった。前の広場では、エルクが日向ぼっこをしている。また、草も花を咲かせていて、
カラスのような鳥もいた。



 

 
 

 

そこを出発する時、エルクがホテルの脇に集まっているのが見られた。ここがねぐらなのだろうか。
ツアーは一旦公園から出てホテルに向かったが、途中夕食の為に、ライトハウスというレストラン
に行ったが、何で山の中にライトハウスと思ったが、理由は写真の通り、張りぼての灯台を正面に
据えたレストランなのだ。そして、ホテルへ。部屋に入って前庭に出ると、可愛い野兎がいた。


 

(次回に続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です