夏の新宿御苑の花

8月4日に、久しぶりに新宿御苑に行ってきた。この日はそれ程暑くはなかったが、苑内は閑散と
していた。来園者は殆どが外国の方で、外国人に良く知られているのが分かる。夏の真っ盛りで、
多くの花は無いが、散歩にはうってつけだ。
多くない花の周りでは、アゲハチョウが乱舞していた。また、水辺にはガマの穂が見られた。


日本庭園では、サルスベリが真っ盛りだ。カエデは竹とんぼのような種を沢山付けていて面白い。
松の下がった枝には、アブラゼミが良く見える所に止まっていた。また、芝生には沢山のキノコが
一列に並んで生えていて面白かった。



中の池方面に歩くと、松の枝に可愛らしいまだ青い松ぼっくりを見つけた。池の端には、アメリカ
デイゴやサンゴシトウの真っ赤な花が咲いていて、一際目立っていた。そして、池に映るサルスベリ
が見事だった。



そこから、バラ花壇の方に向かうと、ムクゲが咲いていたが、そろそろ終わりのようだった。バラ
花壇では、バラの花が多くはないが綺麗に咲いていた。プリンセスアイコ(バラの4枚目の写真)も
可愛らしく咲いていた。また、緑色のバラは珍しかった。




新宿門へ戻る途中には、ヤブミョウガがあり、黒い実を付け始めていた。管理事務所前には大きな
フヨウの花があり、目を引いた。近くにはパイナップルリリーという花もあった。また、アガパンサス
も咲き残っていた。



門の方に歩くと、ちょっと面白い葉を付けた杉のような木があった。その後、公園を出て地下道を
新宿駅迄行くと、ディズニーショップ向かいの柱にプーさんがはまっていて面白かった。

最後に、我が家のマンション前に咲く花を撮った。


新宿御苑は、季節を問わず楽しませてくれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です