皇居東御苑のつつじと春の花

4月21日には、皇居東御苑のつつじと春の花を見に行った。先週ヤエザクラとシャクナゲを見た
ばかりだが、もう先の季節がやって来ていた。先週見たモウソウチクのタケノコは、既に立派な
竹に成長していた。新雑木林では、キンランが見られた。二の丸池周辺では、アヤメ、ヤマボウシ、
シナノキンバイ、フジ、シャガ、シラン等が咲いていた。池の中では、コウホネ、ヒメコウホネ
が、諏訪の茶屋では、ボタンが終わろうとしていた。





諏訪の茶屋前にあるクルメツツジは、先週と違い、満開になっていてとても見事だ。先週咲いて
いた分は、終わりかけているのは仕方ないか。



そこから、二の丸雑木林に入ると、色々な山野草が咲いていた。中でも、キンラン、ギンランは
彼方此方に咲いていたが、小さな花を良く見ると、しっかりランの顔をしていた。また、木漏れ陽
に透き通るヤマツツジが素晴らしかった。




 

二の丸から、バラ園へ行った。底では、コウシンバラやモッコウバラ、サクラバラが綺麗に咲いて
いたが、これらも先週は咲いていなかった。



富士見多聞前のシャクナゲは、先週見事に咲いていたが、今週は僅かに残るのみだった。先へ進むと、
真っ白はヒメウツギが華やかに咲いている。更に先の野草の島には、色々な山野草が可愛らしく
咲いている。果樹園の端では、シランやアイリスが綺麗だ。




 

休憩所の側では、木の花が陽に輝いていてまぶしい。その後、大手門に向かったが、百人番所脇
のツツジが、綺麗に咲いていて、外国人に好みの被写体のようだった。

 

天気が良いと、気軽に来られるので、好みの場所はいつも期待を裏切らない。

桜と春の花2018(5)

桜と春の花2018(5)

■3月29日、大崎の目黒川

4月を待たずに桜が散り始め、川面には花筏が出現している。それをかき分ける様に、花見クルーズ
の船が行き交っている。写真の船には、タクシーの文字が見えた。マンションの前庭には、ハナニラ
が満開になっている。

 

■3月30日、目黒川下流方面

目黑川を大崎から天王洲まで歩いた。まずは川を離れて、御殿山庭園に行った。ここでも、桜は散り
始めているが、桜祭りはまだ始まっていないという状態だ。人も殆どいずに、水鳥が遊んでいる。
桜の花びらが、沢山落ちて、美しい光景だ。そこから、権現山公園を通って、目黑川に出た。公園
では、桜の最後を惜しむかの様に、花見の宴が開かれていた。




荏原神社前に来ると、ソメイヨシノが満開だ。そこから川沿いに、東品川海上公園まで行った。
ここでは、沢山の親子連れが花見をしていた。桜は満開で、ソメイヨシノ、ヤエベニシダレが
咲いている。ハナモモやチューリップも咲いている。この公園は、何故かミッフィーがキャラ
クターになっている様だ。



向かいは天王洲公園で、ここにも沢山の親子連れがいた。目黑川はここが終点で、運河には大量の
桜の花びらが集まっていて、驚く様な光景を成していた。近くからは花見クルーズ船が出ていて、
丁度目黑川を遡るところだった。この花びらの運命がどうなるのかは、解明できなかった。



そこから、天王洲アイルに向かった。途中にある八重桜が、咲き始めていて、とても綺麗だった。
運河沿いにも、桜が咲いていて、良い雰囲気だった。近辺には、色々な花が咲いていて、とても
良い散歩だった。その後、東品川海上公園の脇を通り、大崎まで戻ると、花筏が来ていた。




■4月7日、皇居東御苑

ソメイヨシノが終わり、八重桜の時節になったので、皇居東御苑に行った。大手門前の濠には、
お約束のカワウがいて、羽を乾かしていた。二の丸庭園方面に向かうと、ヤマツツジが赤く
咲いているのが見えた。モウソウチクの林には、太いタケノコが沢山出ている。二の丸池周辺では、
ヤエザクラ、ヤマブキ、シャガ等が綺麗だ。カンザンやフゲンゾウの花は、ボリュームがあって
素晴らしい。




池の向こうには、クルメツツジが咲き始めている。反対側にはシャクナゲの花が見える。
そこから、シャクナゲの花が咲く小山に行った。アカボシシャクナゲの、上品なピンクの色が
とても良い。白の花も素晴らしい。クルメツツジはまだ咲き揃っていないが、それでも良い
景色だ。シャクナゲとのコラボも素晴らしい。松の花も面白い。





そこから天守台に向かう。向かいの桃華楽堂前のハナモモが綺麗だ。天守台脇のウコンは、
満開だが、緑の花が、緑の葉に紛れて、見栄えが良くない。その先には、ツツジやシャクナゲが
咲いている。桜の島では、フゲンゾウが見事だ。そこの竹林にもタケノコが。桜の島にはカンザン
が多くあり、満開になっている様はとても見事だ。下には、ドウダンツツジも咲いている。






富士見多聞前の斜面では、アカボシシャクナゲが見事に咲いている。その一角に、ヒカゲツツジが
素晴らしい。



松の芝生の縁にも多くの桜があり、種類も多い。フゲンゾウ、ギョイコウ、カンザン、センリコウ
等。



 

果樹古品種園では、古品種のリンゴの花が満開だ。その後、富士見櫓にも寄ってみた。そして、
出口近くの、トキワマンサクを見て、家路についた。


桜と春の花2018 完

桜と春の花2018(4)

桜と春の花2018(4)

■3月28日、新宿御苑

午後から新宿御苑へ出掛けたが、大崎駅へ行く途中に、目黒川沿いの道路街路樹の桜と大崎駅前の
桜を撮影した。

新宿御苑に到着したが、入場の手荷物検査があり、入場まで暫く掛かった。桜が満開と言う事で、
平日にも拘わらず凄い数の人、人、人。とは言え、苑内は広いので、芝生周辺以外は案外と楽に
歩く事が出来た。入苑して右手正面には、立派なハチジョウキブシの花がぶら下がる。桜の花に
負けていない。苑内は当然ながら桜づくしで、桜の木の下では多くの人が花見を楽しんでいた。






今年の桜はかなり早い為、春が一遍にやって来たみたいに、色々な桜が同時に咲いていて、いつにない
賑やかさだった。ソメイヨシノ、オオシマザクラ、ヤマザクラ、ヨウコウ、ヤエベニシダレ、タカトオ
コヒガン等々。どの花も見応えがある花ばかりだ。













 

右側は、弁殿という名前の桜。ヤエベニシダレは勢いがあって美しい。隣には、咲き残った
しだれ桜があり、ベニシダレとの競演も素晴らしい。




近くのドコモ代々木ビルを囲む桜を摂ってみた。池の周囲には、色々な桜があって素晴らしい。
桜園地では、ソメイヨシノが満開だ。中に、一段と美しいピンクの桜があったが、松前早咲という
桜だった。





隣の芝生広場には、大きなオオシマザクラとコヒガンが見事だった。また、その間には、桜の中に
一段と鮮やかなハナモモが咲いている。その左先には、ミツバツツジが桜とコラボで素晴らしい。

 

池の橋を渡り左に行くと、清楚なシロタエが咲いていた。いつ見ても美しいと感じる花だ。
ソメイヨシノを裏から透かして見ると、日本画の様で面白い。近くには、濃いピンクの
ヨウコウが咲いていて、ソメイヨシノとの対比が面白い。



日本庭園では、ソメイヨシノとヤエベニシダレの競演が見事だった。ハナカイドウは殆どが蕾で、
見頃はまだ先だった。新宿門の方に戻り、コブシとヤマブキの白と黄の対比を楽しんで、苑を出た。



桜と春の花2018(5)に続く。

桜と春の花2018(3)

桜と春の花2018(3)

■3月25日、大崎の目黒川周辺

大崎駅に隣接するビルの周囲には、桜を始め色々な花が咲く。これも再開発のメリットかも知れない。



目黒川沿いの再開発ビルの前にも、色々な種類の桜が植えられていて、春には目を楽しませてくれる。
勿論、目黒川沿いの桜並木も素晴らしい。マンションの前庭では、ハナニラとスノーフレークが
丁度見頃だ。花見のクルーズ船が、頻繁にやってくる。






目黒川を一寸外れて、近くの公園に行った。ここは、桜の季節はとても素晴らしい。桜のほかにも
トサミズキやキブシの花も見られる。




■3月26日、大橋ジャンクション

翌日、大橋ジャンクションから大﨑迄、目黒川を下った。出掛ける前に、家の前の目黒川の桜の
写真を撮った。

大橋ジャンクションへは、大崎駅前からバスで向かった。ここは、首都高のループ状のジャンク
ションで、屋上は目黒天空庭園になっている。庭園には色々な花が植えられていて、この季節は
とても華やかだ。トサミズキ、ハナモモ、ミツマタ、クリスマスローズ、ニワウメ等があった。



地上に出て、目黒川ウォークをスタートした。桜は満開で、それは見事だが、それにしても
ウィークデイだと言うのに凄い人。土日はどうなるのだろう。この日は天気も良く、川面に
映る桜が素晴らしい。所々、鳥や亀が遊んでいる。








桜を眺めて歩いていると、あっという間に目黒雅叙園前に来た。クルーズ船はこの付近で戻る
のだろう。と言うのも、上流は水深が浅くなっているからだ。暫くして五反田に来た。目黒から
下流は、人の流れがガクンと減る。




毎年楽しみにしているのが、この写真。ビルのステンレス板の外壁に写る桜の景色が大好きだ。
脇の公園のユキヤナギも面白い。また、目黒川を一寸外れた所の街路樹にも、桜が植わっていて
綺麗な花を付けていた。目黒川に戻ると、桜の花の上に、月があるのに気が付いた。





大崎の目黒川沿いに咲く桜の街路樹も満開で見事だ。最後にマンション前庭のハナニラを摂った。

桜と春の花2018(4)に続く。

桜と春の花2018(2)

桜と春の花2018(2)

■3月24日、小石川後楽園

しだれ桜が満開というニュースで、小石川後楽園に行った。しだれ桜は満開で素晴らしかったが、
人が溢れかえっていた。大泉水には、カモの親子がいて、子ガモがとても可愛らしかった。
この日は天気も良く、いつもは避ける東京ドームを入れて写真を撮ってみた。涵徳亭裏のしだれ桜は
殊に見事だったが、遊歩道は人が多過ぎて、写真を撮るのも大変だ。







団体休憩所の周囲には、色々な桜があって、とても気に入っている。今年は、カンヒザクラが
満開で見応えがあったし、その落花もまとまっていて面白い。そこから、円月橋を抜けると、
シデコブシの花が満開になっていた。シャクナゲはもうすぐにでも咲きそうで、クサボケは
白や赤の花を沢山咲かせている。





大泉水の向かいから見る桜の眺めは、池にも姿が映って素晴らしい。そして、その先の内庭の
桜も既に咲いていた。



再び大泉水に戻って池を見ると、白鷺と亀が行列を作っているのが面白い。そして、最初見た
しだれ桜を再び鑑賞。帰り道、後楽園駅の近くまで来ると、丁度ジェットコースターが落下する
ところに出会った。





 

桜と春の花2018(3)に続く。

桜と春の花2018(1)

桜と春の花2018(1)

今年の桜と春の花を5回にわたり、日付順に整理しようと思う。

■2月14日、品川区荏原神社

ここのカンヒザクラが有名だ。良く見るカンヒザクラとは違って、色が明るく、下を向かないで
花弁も開いていて、より鮮やかだ。


■3月4日、新宿御苑

梅が満開で、フクジュソウも咲いている。寒桜が満開近くで、素晴らしい。下にはフキノトウ
が沢山出ている。アセビの花もたわわで見事だ。






日本庭園の茶室翔天亭近くには、大きな寒桜があり、満開に咲いており、多くの人が写真を撮って
いた。中の池のレストハウス手前の橋近くには、マンサクが光り輝いていた。近くのサンシュユの
花も見事に咲いていた。また、近くにはカモのつがいが可愛らしい。





レストハウス下のシュゼンジカンザクラもほぼ満開で見事だった。

 

レストランゆりのき前の植え込みでは、梅と河津桜のコラボが素晴らしい。



■3月18日、浜離宮恩賜庭園

ナノハナまつり期間中で、ナノハナの黄色が目にしみる。スノーフレークの花も可愛い。中央の
大泉水には、水鳥が沢山見られた。途中の中島の御茶屋で、菓子付きの抹茶を頂いた。庭園を一周
してから花木園に行くと、ハクモクレンやユキヤナギ、トサミズキ、オカメツバキ、クサボケ、
サンシュユ等が咲いていた。


 




門を出ると、濠の所にシラサギが獲物を探していた。新橋駅への帰り道、スイセンやヒイラギ
が脇の花壇に植えてあった。


桜と春の花2018(2)に続く。

ハウステンボス

2日目は、長崎市内からハウステンボスに向かった。途中、新旧西海橋を見学した。橋の下には
小さな渦潮が見られ、イルカの泳ぐ姿もあった。また、駐車場には、ふるさと創生の1億円トイレ
なんて言うのもあったが、既に陳腐化してその価値は感じられなかった。

ハウステンボスには11時頃到着し、隣接するホテルに荷物を預け、夜の9時過ぎまで目一杯歩き回る
事となった。ハウステンボスでは、大チューリップ祭・光の王国が開催中だった。
入場すると直ぐにフラワーロードのチューリップ畑が広がっていて、素晴らしい眺めだ。風車やオラ
ンダ風の建物とも調和している。そこから、アンブレラストリートやチューリップピラミッドを見て、
カナルクルーザーに乗り、ホテルヨーロッパに向かう。



 
 

そして、ホテルヨーロッパに行き、和食レストランで昼食を摂る。そこのテーブルに飾ってあった
一輪挿しが気に入って、陶器ショップで見つけて買って帰った。ホテルのロビーにはチューリップの
飾りがあり、なかなか見事だった。そこから、ハーバータウンのポーセレインミュージアムに行った。
そこには、陶器のシャンデリアや有田焼で飾られた陶器の間があり、素晴らしかった。



 

再び、クルーズが着いたタワーシティにあるドムトールンへ行き、展望室に上りハウステンボス
をうえから俯瞰したが、全貌が手に取る様に見え、とても面白かった。

 

その後、アムステルダムシティのチューリップを見に行った。広場一面にあるチューリップはとても
見応えがあった。広場のステージでは、マスクを付けたダンスを踊っていた。その日は天気も良く、
陽を浴びて光るチューリップが、とても素晴らしかった。

 

広場の周囲にはレストランや土産物店が沢山あり、少しは中を覗いてみた。また、ギヤマンミュー
ジアムにも立ち寄って、ガラスの食器等を見た。広場に戻ると、ウクライナから来たロックーが
演奏していたので、暫く聴いていた。広場の入り口には、チューリップで作ったハートがあった。


 

時間が有り余っているので、カフェでコーヒーを飲んだが、洒落たゴミ箱が目に入ったので、
シャッターを押した。まだ暗くなるには時間があるので、ひとまずホテルに戻って休憩する事に
して、出口に向かった。途中のアドベンチャーパークの所にでは、恐竜が水を吐いていた。また、
売店の脇には、巨大なテディベアが立っている。
そして、休息後再びチューリップピラミッドに来ると、運河の遊歩道にあるチューリップが、西日を
受けて、光り輝いていて素晴らしかった。

 
 
 

なかなか暗くならないので、早めの夕飯を摂った。食べ終わって暫くすると、やっとの事で薄暗く
なってきた。西国は暮れるのが遅い事を忘れていた様だ。昼間も行ったアンブレラストリートは、
暗くなって俄然雰囲気が違って、まさに光のアンブレラストリートで、素晴らしい。
アトラクションタウンの噴水広場には、ハート型のオブジェが彼方此方にあり、光の天空ツリーも
見事だ。そんな所なので、若いカップルが多く見られた。




7時から光の王国パレードがあるので、会場へと向かった。運河を見ると、昼間とはがらりと変わり、
イルミネーションでとても輝いている。パレードの時間に合わせ、光と噴水の運河も始まった。
パレードと光の運河がコラボして、素晴らしい眺めだ。アートガーデンの光の滝もバックに見える。



パレードが続いている時に、観覧車に乗り、上から光の王国を眺めた。上からは、光の滝・ブルー
ウェーブやドムトールン、光の王国パレード、光の運河等が一望できてそれは素晴らしい。一周
して戻ってきても、パレードは延々と続いていた。



その後、パレスハウステンボスへ行き、パレス3Dプロジェクションマッピングと光のオーケストラ
ジュエルイルミネーションショーを楽しんだ。プロジェクションマッピングの演目は白雪姫だった。


ショーの終了後、ホテルに戻ったが、途中、彼方此方のイルミネーションを楽しみながら、ゆっくり
歩いて戻った。



翌日は、九十九島で遊覧船に乗船した。生憎の曇り空で、時折雨も落ちる天気で、デッキに出て
写真を撮る様な温度ではなかった。乗り場のパールシーリゾートには、水族館もあったが、残念
ながら見学する時間はなかった。その後、佐賀空港から羽田に戻った。


今回は、ランタンフェスと光の王国がメインで、光の祭典を存分に楽しむ事が出来た。

初春の昭和記念公園

2月11日の日曜日に、初春の昭和記念公園へ行った。入園すると花だよりが置いてあり、今見られる
花のガイドが書いてあり、それを頼りに歩いた。
入園して直ぐの水鳥の池には、沢山のカモが列をなしていた。そこから直ぐの所に、ニホンスイセン
が咲いていたが、見頃過ぎとの事で、花は少なかった。

そして、梅園に行くと早咲きの梅が咲いており、梅を見に来た方も大勢見られた。そこにはシナ
マンサクも咲いていた。梅園の隣では、フクジュソウが咲いており、黄色い花が光って素晴らしい。


 

そこから、園路に戻りクリスマスローズが咲き始めた場所に行った。まだ、花の数はごく少ないが、
蕾や咲き始めの花も美しい。中には変わった黄色い花も見られた。その先に行った園路の反対側には、
可愛らしいスノードロップが咲いている。そして、花木園売店の前の花壇には、雨の水滴が付いた
葉ボタンがあった。この日は天気も良く暖かかったので、売店でキャラメルソフトを買って食べた。



 

そこから、こもれびの里へ向かった。途中には、ソシンロウバイが満開に咲いていた。そして、
こもれびの里の先には、可愛らしいセツブンソウが咲いていた。何回もここに来ているが、今年は
タイミングが良く、沢山の花を見る事が出来て良かった。その先のこもれびの池周辺には、ロウバイ
や梅が咲いていて、素晴らしい。


 

 

そこから戻って、こもれびの里に入った。季節柄、雛飾りがしてあり、見事だった。囲炉裏の火も
焚かれており、里の雰囲気が一杯だった。まだ葉の黄色いアセビが、つぼみを一杯付けていて、
素晴らしかった。ちっちゃな手鞠の飾りも可愛らしい。



その後、日本庭園に行った。門を入って直ぐには、ボタンのワラボッチがあった。盆栽苑に行くと、
仏手柑の実を付けた盆栽があった。また、脇にはブーゲンビリアの盆栽もあった。こんな物が盆栽に
なるとは驚いた。仏手柑はテレビでやったせいで、見に来る人が多いとの事だった。

 

日本庭園の池の脇には、赤松の雪吊りがあった。また、休憩所の竹の樋が面白かった。

 

この辺りで、目的は果たしたので、売店でお昼を食べてから帰る事とした。そして、帰る途中に
残ったススキとこれから咲くミツマタを見て、西立川口に向かい、青梅線で帰路についた。

冬の皇居東御苑

9月21日の日曜日に、久しぶりに皇居東御苑へ行った。まだ春とは言いにくい冬の御苑だが、春に
向かって、色々な花が咲いていた。入って直ぐには、カンツバキやロウバイが咲いており、二の丸池
の縁にはスイセンが咲いていた。周囲の桜の木は丸裸で、池の水面にその姿を綺麗に映していた。


池ノ端のドウダンツツジの新芽は、赤く光っていて、艶やかでとても素晴らしい。

汐見坂迄来ると、梅が既に咲き始めていた。まだ満開までには日数がありそうだが、今年初めての
観梅を楽しんだ。


そして、坂を上り切った先の天守台に、久しぶりに登ってみたが、これと言って面白い物も無かった。
富士見多聞の前迄来ると、シャクナゲの葉が陽に透けて面白かった。本丸の芝生広場の端にある
寒桜は既に咲き始めていて、お約束のメジロがちゃんと来ていた。

 

帰り際に大手休憩所の通ると、来た時とは違った角度で寒椿が目に入り、またまた写真を撮って
しまった。また、大手門を出た所の桔梗濠には、何時もより多くの水鳥が見られた。


 

御苑では、相変わらず外国の方の姿が目立たが目立ったが、ここは東京駅から近いし無料なので、
人気があるのだろうと、勝手に思った。

新宿御苑の紅葉

12月9日には、新宿御苑の紅葉を見に行った。土曜日とあって、大勢の人が訪れていた。
まずは、新宿門前にイチョウの落ち葉のジュータンが綺麗だ。ペーパーホワイトも咲き始めている。
入園して、母と子の森方面に向かう。途中のモミジが色づいている。森を抜けて、ラクウショウの所
では、落ち葉の中で気根のネコが迎えてくれる。そして、外側の回遊路を行くと、サザンカの花が
満開に咲いていた。


更に進んで、日本庭園に出た。そこのモミジも紅葉していて、見事だ。丸く刈り込まれたドウダンツツジ
の赤も綺麗だ。旧御凉亭脇には大きなイチョウが真っ黄色だ。



 

そこから芝生広場に行くと。メタセコイアの大きな木が紅葉していて素晴らしい。広場を抜けると、
桜園地がある。前回もみた十月桜がまだ咲いていた。その先には、お目当てのモミジ山がある。
そこへ行くと、大勢の人がモミジにカメラの放列を向けていた。その為、写真を撮るのに、暫く待つ
必要がある程だった。モミジ山の下から見ると、モミジがまだ赤くなりきって無いのが分かる。
そこから、下の池に廻った。池にはメタセコイアが綺麗に映っていた。また、ペーパーホワイトも
咲き始めていた。池の水面や小島には、紅葉の落ち葉がびっしりとあった。




池を後にして、フランス式庭園の奥を廻った所に、素晴らしいモミジを見つけた。また、プラタナス
並木の下では、ヤツデの花が光ってとても綺麗だった。そこからイギリス式庭園の方へ行った所に、
真っ黄色に黄葉した素晴らしい木があった。



 

その後、玉藻池に行くと、夕日に透けるモミジがあり、とても素晴らしかった。池の奥の方には、
真っ赤なドウダンツツジと、真っ赤な実を沢山付けた木があり、カモの姿と共に素晴らしい。
水面に映る木の実も面白い。




 

そこからイギリス式庭園に出ると、メタセコイアが夕日を受けて光っていた。そして、新宿門へ向かう
途中には、ペーパーホワイトが既に7分咲きになっていて、モミジとコラボして素晴らしかった。


 

モミジには一寸早いかと思ったが、それなりに楽しむ事が出来て、とても良かった。