新宿御苑の桜

4月1日の新宿御苑は、人と桜が満開だった。ソメイヨシノはほぼ満開で、実に沢山の花見客が、
花見を楽しんでいたが、その半数以上が外国の方だった。いつもの事で、特に驚きもしないが、
ハナミは最早万国共通語かも知れない。と思いつつ、苑内の桜を見て廻った。





一寸外れた苑路は、思いのほか静寂で、カエデの新緑と桜のコラボを楽しんだ。光り輝く桜の花が
素晴らしい。脇にはツバキの落花があり、上に白い花が乗っていて、誰かが作ったのだろうが、
面白かった。ヤエベシダレも咲き始めていた。


日本庭園の上の池では、池に映る桜が素晴らしい。池の反対には、桜やハナカイドウが見える。
橋を渡った所には、見事に咲いたハナカイドウがあり、桜とのコラボも素晴らしい。ヤエザクラや
ツバキも咲いていた。そこから池に沿って進んだ所には、満開のボケとハナカイドウがある。






ソメイヨシノも綺麗だが、真っ白な太白も珍しい。ヤマザクラもソメイヨシノに劣らず素晴らしい。
そして、八重のシロタエがボリューム感たっぷりで素晴らしい。まだ満開ではなかったが、可愛ら
しい花がびっしりと付いているのが良い。スミレも沢山咲いていて、愛らしい。







桜のほかにも、コブシやシデコブシも満開に咲いていた。



旧御凉亭前の池の周囲にも、ソメイヨシノが多くあり、代々木ドコモとのコラボも面白い。また、
逆光で光る花が、殊更素晴らしい。




中の池に来ると、周囲の桜が水面に映って見事だ。そこから、こども広場へ行く途中のツツジも
綺麗だ。広場の前には、大きなオオシマザクラがあり、とても見事だ。そして、向かいの桜園地
脇には、大きなハナモモ’源平’が綺麗に咲いていて、桜とのコラボも良い。





桜園地では、大きなソメイヨシノがこれでもかと咲いていて、とても素晴らしい。ここには、
オオシマザクラやピンクの松前早咲も咲いている。





園地の外では、白いリキュウバイが沢山の花を付けていた。そこから、対岸に咲く桜が、水面に
映る光景も素晴らしい。そして、下の池に来ると、ヤエベニザクラが結構花開いていた。





池から少し離れた所には、ピンクがかったアメリカという桜があった。なかなか綺麗だったが、
逆輸入なんだろうか。


近くには、高遠小彼岸があった。そして、風景式庭園を横切って、玉藻池に行った。ここでは、
水面になだれ落ちるような枝振りの桜が咲いていた。そこから、新宿門に戻る途中に、ピンク
がかった綺麗な桜があったが、札がなく名前は不明だ。


広場に戻り、もう一度ソメイヨシノと花見客を見て、家路についた。


何回来ても、新宿御苑の桜は素晴らしく、見飽きる事がない。

代々木公園の桜

3月29日に、代々木公園の桜を見に出掛けた。公園の桜の下では、平日にも拘わらず、凄い数の
人が花見で盛り上がっていた。中には外国人も多くいたが、西洋系は座らずに立っていたのが面白
く感じた。桜と言えば、ほぼ満開で見応えがあった。喧噪を避けて奥の方に行くと、殆ど人がいな
かったが、桜はしっかり咲いていた。ここの桜は大木が多く、花のボリューム感もたっぷりで、
とても素晴らしい。ツタが絡んでいる枝もあり、枝振りが面白いものも多かった。






奥の広場に出ると、家族連れや仲間同士が、桜の木の下で花見をしていた。ソメイヨシノのほか
にオオシマザクラもまだ満開だ。また、この公園は何時でもフリーパスなので、ブリーダーらしき
人が、犬を沢山連れてやって来ていた。




広場の端の方には、春の花の植え込みもあり、菜の花やチューリップと桜のコラボも素晴らしかった
ので、写真に収めた。


この日は寒いにも拘わらず、外国の人も含め、とても多くの人が花見をしていて、桜の花見が、
日本の最大の国民行事であると思った。

目黑川の桜2019(2)

【目黑川の桜2019(2)】
(4月6日)
この日は、大崎から下流に向かった。クルーズ船も相変わらずやってくる。少し先にはヤエザクラ
が既に咲いていた。そして、川を見ると、カヤックの団体が上ってきていた。


ずっと下って、東品川海上公園迄来た。ここはもう目黑川の河口だ。地元のさくら祭りの真っ最中で、
屋台も沢山出店していた。当然お花見も真っ盛りで、ご近所さんや家族で楽しんでいた。花壇の花も
綺麗に咲いていた。


そこから、橋を渡って目黑川向かいの天王洲公園に出た。橋からは目黑川の終端が見える。公園脇の
ビルには何やら不思議な絵が。公園には、ヤエベニザクラやオオシマザクラ、ソメイヨシノが咲いて
いた。対岸の桜も良く見えた。公園を抜けて天王洲へ出る道路には、ヤエザクラが2種類、満開近く
に咲いていて、素晴らしかった。





道路を渡って、天王州アイル第三水辺広場に出た。土曜日とあって、多くの人が来ていて、レストラン
前には行列が出来る程だった。桜も綺麗に咲いていたが、花筏も出来始めていた。運河には、レジャー
ボートも見え、ビルの前のモニュメントも面白い。


これから天王洲を見て回ろうと思っていたら、あと5分で船が出るという呼び込みがあり、30分
歩いて家に帰るのもしんどいのと、行き先が家の近くだった事もあり、花見クルーズ船に乗り込んだ。
そこから目黑川を遡って、五反田のサクラテラス迄の花見クルーズだ。家の窓からいつも眺めている
クルーズ船だが、乗り込むのは初めてでワクワクものだ。船着き場を出て目黑川に入ると、いつも
上から見ている桜を見上げる事になり、気分も変わって良い。時々帰って来る船とすれ違う。たまには
追い越して行く船もある。また、橋の下を潜るというのも良い気分だ。




そうこうしている間に、船着き場も見えてきた。実は、出発して暫くすると、バイオリンの演奏が
始まったのだ。そうとは知らずに乗り込んだので、望外の喜びだ。しかも、30分間ずっとだ。
桜は既に散り始めていて、花筏もかなり大きくなっていた。そして、サクラテラスに到着。これは
楽だ。ここでも花見で盛り上がっていた。


そして家路へと、花見をしながら帰った。クルーズ船は引っ切りなしに行き交っている。家の近く
迄来ると、先程乗って来たクルーズ船が戻っていくのを見た。


(4月8日)
今年のソメイヨシノの花見は終わりで、名残の花筏を見て終了だ。


中目黒付近の桜は、古くなってきたので、何時迄見られるか心配だが、来年もまた目黑川河岸の
花見をする事だろう。(目黑川の桜2019 終わり)

目黑川の桜2019(1)

2019年の目黑川の桜を総括してみた。
【目黑川の桜2019(1)】
(3月25日)
目黑川の桜が開花して数日後に、大崎駅周辺を歩いてみた。早く咲いているのはオオシマザクラで、
満開に近かった。ソメイヨシノはちらほらと咲いている程度だ。近くのビルの前では、ヨウコウが
素晴らしい。毎年、この濃いピンクの桜が、ソメイヨシノより早く一際目立っている。また、近くの
マンションの前庭では、ハナニラやスノーフレーク、ハナモモが綺麗に咲いている。


(3月28日)
夕方の帰宅途中に、五反田付近でスマホで撮影してみた。

(3月31日)
バスで中目黒の少し先まで行き、そこから大崎まで下った。今や桜の名所となった目黑川なので、
平日にも拘わらず、人が溢れていた。中目黒の桜は7分咲き位で、まだ茶色の枝が目立っていた。
とは言え、満開に近い所もあり、十分に素晴らしかった。


途中の建物の脇には、ハナモモが綺麗に咲いていた。その少し先には、中目黒公園があり、沢山の
人が、花見の宴を催していた。その公園には、桜のほかにも、ハナカイドウやアリウム等、色々な花
が咲いていた。桜も何種類か咲いていた。

再び下って、目黑付近に来ると、桜はまだ4分咲き程度で、一寸華やかさに欠けていた。


その後、寄り道して不動前のかむろ坂の桜並木を見た。そして、また戻り五反田のサクラテラス
迄来たが、ここの広場でも、花見の宴がたけなわであった。更に下って、大崎方面へと進んだ。
途中にあるビルの、ステンレス外壁に写る桜は毎年の楽しみだ。御成橋公園では、子供がブランコ
で花見をしているのが面白かった。この日は天気も良く、多くのクルーズ船が行き交っていた。
この日の最後は、駅近くのマンションの公園にあるクジラの頭。尻尾はどうしたかというと、
しながわ水族館の庭にあるのだ。目黑川脇を走る道路の桜並木も素晴らしい。


(4月1日)
大崎駅近くの目黑川の桜。駅前の桜並木の俯瞰も素晴らしいが、今年はまだ満開になっていなかった。
最後は、大崎の目黑川沿いに咲く桜並木の俯瞰(4月3日)。

続きは【目黑川の桜2019(2)】で。

焼森山ミツマタ群生地とみかも山公園かたくりの園

3月22日に、栃木県の焼森山ミツマタ群生地とみかも山公園かたくりの園に行った。最初に焼森山
ミツマタ群生地に行った。田舎道をかなり走った先の駐車場から、歩いて登る事30分、やっと群生地
に到着。ここは妖精の森と銘打って保全している。パンフレットによると、森の木漏れ日に照らされ
るのが素晴らしいようだ。しかし、残念ながら到着が昼近くで、そのような状況にはならなかった。
とは言え、ミツマタは満開で、森中が黄色で染まっている様は、見事としか言いようがない。


山道に沿って小川が流れ、畔には面白い花が咲いていた。群生地の中には巡回路があり、見所を
一周するようになっている。森は鬱蒼としてはいるが、所々陽が入って光っている。ミツマタは
山の斜面なりにあるので、森が黄色くうねっているようで素晴らしい。今迄このような群生は
見た事がなく、わざわざ行った甲斐はあった。



ミツマタを堪能した後、高速を走って、とみかも山公園かたくりの園に行った。ここでは山の斜面に
カタクリの群生を見る事が出来る。山を尾根伝いに歩くと、彼方此方にカタクリの群生地があるが、
今回は行かなかった。山道を歩く途中には、コブシやサンシュユも咲いていた。カタクリの群生地
付近では、ニリンソウやアズマイチゲもカタクリと一緒に咲いている。群生地に来ると、カタクリが
斜面にびっしりと咲いていて、それは見事だ。木の間から差す陽が、木の陰を作ってカタクリを
照らしていて、なかなか面白い。

その日差しが当たったカタクリは、光り輝いて素晴らしい。行った日辺りが、丁度満開のようで、
斜面には所狭しとカタクリが咲いていて、訪れていた多くの人を楽しませていた。また、天気も良く、
もってこいの日差しが、カタクリをより引き立たせていた。




山を下りた所には、野草の園があり、キクザキアズマイチゲやエビネが咲いていた。そして、
池の周りでは、河津桜が満開になっていて、素晴らしかった。


駆け足で2個所歩いたが、満開の春の花を満喫した。

花見前の新宿御苑

3月15日に、花見前の新宿御苑へ行った。目的は、この時期に咲くハンモクレンだ。新宿門を入ると、
直ぐ左に大きなハクモクレンが目に入る。今年も真っ白な大きな花を、見事に咲かせていた。日差しも
あって、白い花びらが透けて光り輝いていた。

日本庭園に出ると、上の池の向こうにカンザクラが見える。橋を渡った所には、アセビの花が、撓わ
に咲いていて、素晴らしい。近くにはツバキの花も咲いていて、メジロも来ていた。


そこから、カンザクラの方に向かうと、フキの花とカンザクラのコラボが見られた。カンザクラの
向かいには、咲き出したボケの花が綺麗だった。


カンザクラの下には、人が大勢いて、写真を撮ったりしていたが、大方は外国の方だった。花の
方は終わりに近く、花びらが落ちて、赤いおしべが目立つ所も多かった。とは言え、まだまだ見応
えがあって素晴らしかった。近くにはカンヒザクラも咲いていた。


その先の、旧御凉亭の向かいにも、大きなカンザクラが、時期は遅いが見事に咲いていた。
中の池に出ると、また違う桜が綺麗だった。銘板がなかったので、名前は判らず。そこからは、
シュゼンジカンザクラが、見事に咲き誇っているのが目に入った。バックが工事中だったのが
残念だった。また、近くにはサンシュユが見事に咲いていた。




次に、桜園地に行った。まだ時期が早く、多くは咲いていなかったが、可愛らしい桜が咲いていた。
これも残念ながら、正確な名前は不明。そして、タカトオコヒガンも咲き始めていた。



そこからモミジ山に入ると、カエデの若葉が素晴らしかった。沢山の蕾もぶら下がっていた。
そして、中の池の畔に出ると、そこでもサンシュユが見事に咲いていた。


下の池に出ると、シダレザクラが咲き始めていた。そして、木の新芽が素晴らしい。また、近くに
カンヒザクラの大きな木があり、見事に咲いていて素晴らしかった。



そこから、シュゼンジカンザクラを見に戻った。遠くで見ても、近くで見てもとても素晴らしい。
当然のことながら、木の下は大勢の人で溢れていた。この桜はどこから見ても素晴らしい。





桜を堪能した後、旧洋館御休所に向かう。途中、何本かの桜を見たが、銘板なし。一つはヨウコウ
だろうか。洋館前では、いつもの様にミツマタが満開だ。



近くの花壇には、クリスマスローズが沢山咲いていた。また、ツバキカンザクラも咲いていた。
これには銘板が付いていた。


最後に、エコハウス前で咲き残りのウメを見た。シダレウメも咲き始めていた。

帰り際に、再びハクモクレンを見た。来た時にスルーした、ハチジョウキブシにも挨拶した。
そして、ハクモクレンは何度見ても素晴らしかった。




目的通り、ハクモクレンに出会えて良かった。

早春の浜離宮

早春の浜離宮を、3月2日に訪れた。この時期は、梅と菜の花のコラボがあって素晴らしい。
園内は工事中の個所が多く、残念な所もあったが、綺麗な花はそんな事も忘れさせてくれる。
天気も良く、花は光り輝いていた。






大泉水へ廻ると、多くの鳥が、松の御茶屋の前に見られた。その近くには、復元されて間もない
鷹の御茶屋がある。まだ出来たばかりで、ピッカピカと言う感じだった。

最後に、花木園に行った。そこにも梅が素晴らしく咲いていた。汐留のビル群をバックに咲く
見事な梅の木もあった。その中に、何本かの緋寒桜も見られた。この時期、ハクモクレンには
少し早かったようで、残念であった。



浜離宮は、いつ来ても何かしら楽しめて、好きな所だ。外国からの観光客も沢山訪れていた。

真岡・浪漫ひな飾りと星野のセツブンソウ

真岡・浪漫ひな飾りと星野のセツブンソウを見に、2月24日に栃木県をドライブした。この日は、
西那須野から真岡迄国道経由で走り、その後、高速で栃木IC経由で星野へと向かった。
真岡の街では、浪漫ひな飾りが行われており、メイン会場の真岡市久保講堂へひな飾りを見に行った。
そう広くはない会場一杯に飾られた、ひな人形やつるしびなは、都会の人間には新鮮だ。地元の人
も沢山訪れていた。



ひな飾りを見た後、星野へ行く前に、出流山満願寺御前にある、出流蕎麦を食べに行った。山門の
直ぐ手前のそば屋に行ったが、昼前なのに既に満席だった。そして、程近い四季の森星野へ、
セツブンソウを見に行った。このところイノシシに荒らされているという話しがあったので、
心配して行ったが、結構な数の花があって安心した。この花は石灰岩の山を好むので、この付近には
多くあるのだろう。出流山の途中には、石灰の大きな工場もあった。花は清楚で愛らしく、見ている
と、心和む花で、大好きな花の一つだ。



ここは四季の森星野と銘打っていて、梅やロウバイ、フクジュソウ等も見事に咲いている。
この日は天気も良く、ロウバイは陽の光に輝いていた。





これまで、3、4度来ているが、可愛らしい花が、荒らされない事を願っている。

初春の新宿御苑

2月10日に、初春の新宿御苑を訪れた。まだ春と言うより冬に近いが、早咲きの桜や梅が咲き始めて
いた。新宿門を入ると、直ぐにソシンロウバイが見える。薄黄色の花が陽に透けてとても美しい。
日本庭園に廻ると、楽羽亭の梅が結構咲いていた。脇には、フクジュソウも綺麗に咲いていた。また、
上の池脇に何本かある寒桜も咲き始めていた。


池の奥には、沢山のオシドリの姿があった。この時期に良く見られる鳥だが、こんなに多く見られ
たのは初めてだ。全部で20羽程はいただろうか。池の畔には、多くの鳥写真マニアがいるので、
何かがいるのが直ぐ分かる。島の松の木の上には、アオサギの姿もあった。池をぐるっと廻って、
寒桜を再び鑑賞した。



中の池には、沢山のカモが泳いでいた。何種類かのカモがいる様だが、なかなか名前を覚えられ
ない。名前はとにかく、泳ぐ姿は愛くるしい。下の池まで行くと、ペーパーホワイトがまだ多く
咲いていたが、今年は大分早くピークを過ぎた様だ。


玉藻池脇の梅園へ行くと、そこの梅はまだ殆ど咲いていなかった。紅梅がちらほらと言った所だ。
そこから、管理事務所付近に行くと、寒桜、ソシンロウバイ、ジュウガツザクラ、ジャノメエリカ
等が咲き競っていて、とても素晴らしい。直ぐ脇では、ペーパーホワイトが綺麗に咲いている。
その一角には、フクジュソウが沢山咲いていた。最後は、レストランゆりのき前の梅林を見て、
コーヒーを飲んだ。そこの河津桜には、一寸早くてまだ殆ど咲いておらず、残念ではあった。


 
 

この日は、梅にも桜にも一寸早かったのは残念であったが、次回は桜の最盛期に行きたいと思っている。

野比海岸水仙まつり

新聞の記事を見て、野比海岸水仙まつりに行ってきた。1月13日は穏やかな快晴で、歩くにはもって
こいの日和だった。京浜急行でYRP野比駅迄行き、野比海岸へ出て、久里浜まで歩いた。水仙まつり
もあと一日で終わりで、水仙の花は少ないようだった。ここの水仙は、最近になってボランティアが
植えているようで、今のところはちょっと寂しく感じるが、何年か後に期待出来る。海岸線に沿って、
所々に植えてあり、久里浜までの道のりを楽しむ事が出来た。
冬の為に、ボートが立ててしまわれているのが面白い。海では小型のヨットやウインドサーフィンが
沢山見られた。勿論、所々の水仙も見て歩いた。



 

海岸の防波堤に、デザインされた手すりが設置されていて、その陰が歩道に描かれて面白い。
海岸の砂浜には、水の流れが作ったアートも見られた。天気は快晴で、水仙の花が陽に透けて
とても綺麗だった。





途中、一寸広い所には、一面に水仙が咲いていて素晴らしい。また、近くにはベンチもあったので、
駅で買ったサンドイッチを食べていると、突然上からトンビが舞い降りてきて、それをさらって行った。
行き会った地元の人は、海岸で食べ物を見せてはいけないと言っていた。残念ではあったが、対岸には
房総半島も見えて、とても気持ちの良い日だったので、良しとしよう。先に歩いて行くと、洗濯岩の
ミニ版があった。

 

海岸から、久里浜方面に向かうと、くりはま花の国の巨大看板があった。そして、絵にもあるペリー
公園に立ち寄ってから、久里浜駅へと向かった。

海岸には、鳥に餌をあげないでという看板はあったが、食べ物を取られないように、という看板も
欲しかった。