皇居東御苑の紅葉

 11月30日に皇居東御苑の紅葉を見に行った。大手門から入苑してすぐ、二の丸池に向かった。途中にも紅葉
した木があったが、池の周辺の紅葉は池に反射して美しい。



 池にはひれの長い鯉が、悠然と泳いでいた。また、奥の方には、真っ赤に紅葉した大きなカエデがあり、陽を
受けて美しかった。諏訪の茶屋前や雑木林でも、大きな紅葉した木が見られた。



 そこから梅林坂を通って、天守台へと向かった。その途中にも真っ赤に染まったカエデやハゼノキがあった。
天守台を過ぎた富士見多聞の前にも大きなカエデがあり、陽を受けて異様に光っていた。向かいのケヤキの
芝生には、真っ赤なドウダンツツジがあり、ジュウガツザクラも可憐に咲いていた。




 本丸休憩所裏の展望台入り口には、満開のサザンカが咲いていた。そこから百人番所へ戻ったが、手前には
実を付けたハゼノキがあり、石垣の上には、丸い形の木が黄色くなっていて面白かった。その先の大手休憩所
前には紅葉したウチワカエデが見られた。また、タイワンホトトギスの実だろうか、沢山光ってぶら下がっている
のが面白かった。




 東御苑を後にして、お堀端を歩いた。丁度イチョウ並木の黄葉が綺麗になっていて、お堀にも映って素晴らし
かった。石垣に這うツタの黄葉も面白い。歩いているとビルの中にシャンデリアが見えたので、それに釣られて
ビルに入った。明治安田生命のクリスマス飾りだった。


 大崎に戻ると、もう既に薄暗くなっていて、『目黒川みんなのイルミネーション2013』(”冬の桜”)が既に点灯
していたので、撮影した。この時期は、紅葉見物のクルーズもやってくる。

 毎年見るイルミネーションだが、これが始まると何となく気分が浮き浮きしてくる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です