西那須野近辺の正月

 毎年正月には西那須野へ行く。冬なので花は殆ど無く、被写体は白鳥夕日になる。
まずは1日に乃木神社に初詣に行った。鳥居の前後には、多くの屋台が並ぶのが毎年の光景だ。
 翌日は羽田沼に白鳥を見に行った。今年も結構な数の白鳥が来ていた。白鳥のほかにも色々な
水鳥がいて、いつもながら見飽きない。中には大きくなった『醜いアヒルの子』も混ざっている。


 青首の緑がとても綺麗に見えた。たまに白鳥が何羽かつるんで飛び立っていく。結構な数のカメラマン
がそれを狙って構えていたが、こちらには突然の事で、やっと撮れたのが次の1枚。
 3日に土産を買いに立ち寄った千本松牧場では、1本の柿の木がまだ実を沢山付けていた。

 その後、夕景を撮りに烏ヶ森公園に行った。初めは雲に隠れていた陽が、沈む直前顔を出した。
公園の脇が田んぼになっていて、水面に映る夕景が美しかった。


 そして翌日、寒い中再び夕景撮りに挑戦。前日はいい雲が無かったので、いい雲を期待して同じ場所で
夕景を狙った。丁度犬を連れた人が過ぎようとしたので、慌ててシャッターを切ったが、一寸遅かった。
いい具合に雲があって、前日とは一寸違った写真が撮れて、来た甲斐があった。


 そろそろ水仙の盛りになるので、何処か水仙の良い所に行こうと思っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です