野比海岸水仙まつり

新聞の記事を見て、野比海岸水仙まつりに行ってきた。1月13日は穏やかな快晴で、歩くにはもって
こいの日和だった。京浜急行でYRP野比駅迄行き、野比海岸へ出て、久里浜まで歩いた。水仙まつり
もあと一日で終わりで、水仙の花は少ないようだった。ここの水仙は、最近になってボランティアが
植えているようで、今のところはちょっと寂しく感じるが、何年か後に期待出来る。海岸線に沿って、
所々に植えてあり、久里浜までの道のりを楽しむ事が出来た。
冬の為に、ボートが立ててしまわれているのが面白い。海では小型のヨットやウインドサーフィンが
沢山見られた。勿論、所々の水仙も見て歩いた。



 

海岸の防波堤に、デザインされた手すりが設置されていて、その陰が歩道に描かれて面白い。
海岸の砂浜には、水の流れが作ったアートも見られた。天気は快晴で、水仙の花が陽に透けて
とても綺麗だった。





途中、一寸広い所には、一面に水仙が咲いていて素晴らしい。また、近くにはベンチもあったので、
駅で買ったサンドイッチを食べていると、突然上からトンビが舞い降りてきて、それをさらって行った。
行き会った地元の人は、海岸で食べ物を見せてはいけないと言っていた。残念ではあったが、対岸には
房総半島も見えて、とても気持ちの良い日だったので、良しとしよう。先に歩いて行くと、洗濯岩の
ミニ版があった。

 

海岸から、久里浜方面に向かうと、くりはま花の国の巨大看板があった。そして、絵にもあるペリー
公園に立ち寄ってから、久里浜駅へと向かった。

海岸には、鳥に餌をあげないでという看板はあったが、食べ物を取られないように、という看板も
欲しかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です