新宿御苑の初夏の花

6月14日には、新宿御苑の初夏の花を見に行った。目的はユリノキだったのだが、花はとっくに
終わっていた。それでも花はほかにもあると、花を求めて苑内を歩いた。
最初に見たのが、クリナムの仲間だと言うが、初めて見る花だった。そして、目的のユリノキは
と言うと、既に沢山の実(?)となっていて、とてもがっかりした。近くのホオノキも、同じく
凄い形の実となっていた。


そこから、中の池に行くと、ユリズイセンというおどろおどろしい花が咲いていた。この花は
ブラジル原産だという。いつも通り過ぎている所にあった。その先には、ニワナナカマドという
花が咲いていたが、これは中国原産だという。また、近くの池の畔には、カエデの一種の木が、
曲がりくねって面白かった。


池の反対側のツツジ山に行くと、コタイサンボクやキョウチクトウの花が見られた。そこから、
モミジ山の裏に行くと、そこはアジサイロードだった。色々な種類のアジサイが見られ、上を
見上げると、タイサンボクの大きい花が咲いていた。





下の池をぐるっと廻ると、池の縁に陽に光っている葉があった。そして、足元にはユッカのような
花が咲いていた。歩いている途中にも、アジサイの綺麗な花が見られた。



バラ花壇に行くと、遅咲きのバラが綺麗に咲いていた。名札には、芳純とかバレリーナ、カクテル、
プレイガール等という洒落た名前が書いてあった。





そこから、新宿門に向かったが、途中に大きなタイサンボクがあり、沢山の花が咲いていた。
出口近くの苑路脇にも、アジサイが綺麗に咲いていた。


目的とは違ったが、バラやアジサイ等も綺麗に咲いていて、素晴らしかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です