新宿御苑の八重桜

4月22日に、桜に続き新宿御苑の八重桜を見に行った。桜の季節は、月曜日でも休苑にならない。
八重桜を見る前に、新宿門入って近くのハンカチノキを見た。ここでこの花を見るのは初めてで、
これほど見事だとは、思っていなかった。


そこから、何時ものように、日本庭園の上の池に向かった。彼方此方に桜は咲いていたが、この辺は
カンザンやイチヨウが咲いていたが、ツツジとのコラボも良い。植え込みには、白い花が咲いていた。



池に沿って行くと、スルガダイニオイという桜が咲いていて、植え込みにはシャガが咲いていた。
旧御凉亭の方を見ると、藤棚に藤が咲き始めていて、遠くの桜とコラボしていた。


中の池近くに来ると、カンザンやフゲンゾウが見事に満開になっていた。また、ヤマザクラも
咲いていた。この辺りは、カンザンとフゲンゾウの大競演で、とても見事だ。







時には、イチヨウも咲いている。更に進んで、桜園地の中の池側に、ツツジが真っ赤に咲いていて、
カンザンやイチヨウとのコラボが見事だった。桜園地では、カンザンが見事で、桜の花びらの絨毯
も面白かった。




イギリス風景式庭園の縁にもイチヨウやカンザン、フゲンゾウ等が沢山ある。


なかには、神護寺数珠掛桜という桜も咲いていた。また、江戸という名の桜もあった。そして、
やっぱりフゲンゾウは素晴らしい。



新宿御苑のソメイヨシノも素晴らしいが、八重の季節もまた素晴らしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です