花見前の新宿御苑

3月15日に、花見前の新宿御苑へ行った。目的は、この時期に咲くハンモクレンだ。新宿門を入ると、
直ぐ左に大きなハクモクレンが目に入る。今年も真っ白な大きな花を、見事に咲かせていた。日差しも
あって、白い花びらが透けて光り輝いていた。

日本庭園に出ると、上の池の向こうにカンザクラが見える。橋を渡った所には、アセビの花が、撓わ
に咲いていて、素晴らしい。近くにはツバキの花も咲いていて、メジロも来ていた。


そこから、カンザクラの方に向かうと、フキの花とカンザクラのコラボが見られた。カンザクラの
向かいには、咲き出したボケの花が綺麗だった。


カンザクラの下には、人が大勢いて、写真を撮ったりしていたが、大方は外国の方だった。花の
方は終わりに近く、花びらが落ちて、赤いおしべが目立つ所も多かった。とは言え、まだまだ見応
えがあって素晴らしかった。近くにはカンヒザクラも咲いていた。


その先の、旧御凉亭の向かいにも、大きなカンザクラが、時期は遅いが見事に咲いていた。
中の池に出ると、また違う桜が綺麗だった。銘板がなかったので、名前は判らず。そこからは、
シュゼンジカンザクラが、見事に咲き誇っているのが目に入った。バックが工事中だったのが
残念だった。また、近くにはサンシュユが見事に咲いていた。




次に、桜園地に行った。まだ時期が早く、多くは咲いていなかったが、可愛らしい桜が咲いていた。
これも残念ながら、正確な名前は不明。そして、タカトオコヒガンも咲き始めていた。



そこからモミジ山に入ると、カエデの若葉が素晴らしかった。沢山の蕾もぶら下がっていた。
そして、中の池の畔に出ると、そこでもサンシュユが見事に咲いていた。


下の池に出ると、シダレザクラが咲き始めていた。そして、木の新芽が素晴らしい。また、近くに
カンヒザクラの大きな木があり、見事に咲いていて素晴らしかった。



そこから、シュゼンジカンザクラを見に戻った。遠くで見ても、近くで見てもとても素晴らしい。
当然のことながら、木の下は大勢の人で溢れていた。この桜はどこから見ても素晴らしい。





桜を堪能した後、旧洋館御休所に向かう。途中、何本かの桜を見たが、銘板なし。一つはヨウコウ
だろうか。洋館前では、いつもの様にミツマタが満開だ。



近くの花壇には、クリスマスローズが沢山咲いていた。また、ツバキカンザクラも咲いていた。
これには銘板が付いていた。


最後に、エコハウス前で咲き残りのウメを見た。シダレウメも咲き始めていた。

帰り際に、再びハクモクレンを見た。来た時にスルーした、ハチジョウキブシにも挨拶した。
そして、ハクモクレンは何度見ても素晴らしかった。




目的通り、ハクモクレンに出会えて良かった。

早春の浜離宮

早春の浜離宮を、3月2日に訪れた。この時期は、梅と菜の花のコラボがあって素晴らしい。
園内は工事中の個所が多く、残念な所もあったが、綺麗な花はそんな事も忘れさせてくれる。
天気も良く、花は光り輝いていた。






大泉水へ廻ると、多くの鳥が、松の御茶屋の前に見られた。その近くには、復元されて間もない
鷹の御茶屋がある。まだ出来たばかりで、ピッカピカと言う感じだった。

最後に、花木園に行った。そこにも梅が素晴らしく咲いていた。汐留のビル群をバックに咲く
見事な梅の木もあった。その中に、何本かの緋寒桜も見られた。この時期、ハクモクレンには
少し早かったようで、残念であった。



浜離宮は、いつ来ても何かしら楽しめて、好きな所だ。外国からの観光客も沢山訪れていた。

荏原神社の緋寒桜

緋寒桜で有名な、品川の荏原神社へ行った。2月22日の天気が良い日だったが、一寸時期的に遅かった
ので、心配したが、桜の花はまだ十分素晴らしかった。参拝客は余り見当たらず、桜を見に来た人が
殆どで、思い思いに写真を撮っていた。この神社の始まりは、和銅2年(709年)というから、かなり
古い神社だ。そして、桜はご神木となっている。




ここは、我が家から歩いて15分程で、こんなに近くに古い神社があるのには驚きだ。

初春の新宿御苑

2月10日に、初春の新宿御苑を訪れた。まだ春と言うより冬に近いが、早咲きの桜や梅が咲き始めて
いた。新宿門を入ると、直ぐにソシンロウバイが見える。薄黄色の花が陽に透けてとても美しい。
日本庭園に廻ると、楽羽亭の梅が結構咲いていた。脇には、フクジュソウも綺麗に咲いていた。また、
上の池脇に何本かある寒桜も咲き始めていた。


池の奥には、沢山のオシドリの姿があった。この時期に良く見られる鳥だが、こんなに多く見られ
たのは初めてだ。全部で20羽程はいただろうか。池の畔には、多くの鳥写真マニアがいるので、
何かがいるのが直ぐ分かる。島の松の木の上には、アオサギの姿もあった。池をぐるっと廻って、
寒桜を再び鑑賞した。



中の池には、沢山のカモが泳いでいた。何種類かのカモがいる様だが、なかなか名前を覚えられ
ない。名前はとにかく、泳ぐ姿は愛くるしい。下の池まで行くと、ペーパーホワイトがまだ多く
咲いていたが、今年は大分早くピークを過ぎた様だ。


玉藻池脇の梅園へ行くと、そこの梅はまだ殆ど咲いていなかった。紅梅がちらほらと言った所だ。
そこから、管理事務所付近に行くと、寒桜、ソシンロウバイ、ジュウガツザクラ、ジャノメエリカ
等が咲き競っていて、とても素晴らしい。直ぐ脇では、ペーパーホワイトが綺麗に咲いている。
その一角には、フクジュソウが沢山咲いていた。最後は、レストランゆりのき前の梅林を見て、
コーヒーを飲んだ。そこの河津桜には、一寸早くてまだ殆ど咲いておらず、残念ではあった。


 
 

この日は、梅にも桜にも一寸早かったのは残念であったが、次回は桜の最盛期に行きたいと思っている。

晩秋の新宿御苑

11月30日には、晩秋の新宿御苑へ行った。モミジ山の紅葉には少し早いと思いつつ、良い天気に
誘われて出掛けたが、なんの、モミジ山以外のモミジがとても素晴らしかった。この日はいつもと
違って、ラクショウを先に見た。そして、そのまま裏道を歩いたが、道の脇にあるサザンカが
とても素晴らしい。また、陽を浴びた椿の花もあった。その先は芝生広場で、黄色く輝くメタ
セコイアがあった。そこから、中の池に出たが、池の周囲の紅葉が素晴らしい。






その後、日本庭園に向かう。まずは、旧御凉亭の前に出た。周囲のモミジは燃える様に赤い。
下には、菊も咲いている。そして、代々木ドコモが映る池を見る。池に映るモミジも素晴らしい。
日本庭園には、至る所にカエデがあり、その殆どが真っ赤に色づいていて見事だ。







 

日本庭園から、中の池沿いを下の池の方に歩いた。池の反対側のモミジが、裏から陽を浴びて、
とても美しい。レストハウス下のタムケヤマ(モミジの仲間)は、全体が橙色になって、とても
見事だ。また、モミジが水面に映っているのも素晴らしい。





下の池の周囲にも、多くのカエデがあり、ここでも水面に映って素晴らしい。黄葉した大きな木も
バックになり、色のブレンドか鮮やかだ。モミジもグラデーションがあってとても美しい。
ペーパーホワイトは咲き始めだが、白い色がモミジの中に入って、モミジの赤を引き立たせる。






下の池から、バラ花壇へと移動した。途中の桜も紅葉している。バラ花壇では、一部終わっている
バラもあったが、まだまだ美しく咲き誇っていた。




そこから、玉藻池に行くと、多くのカモ達が、紅葉が映る池を泳いでいた。真っ赤な木の実も
沢山なっていて、とても見事だ。


新宿門に戻る途中に見た、桜の落ち葉は、晩秋を感じさせた。また、大銀杏の真っ黄色の葉や、
メタセコイアの紅葉も、秋そのものだ。先に行くと、ヒマラヤザクラやジュウガツザクラが、
満開になっていて、多くの入園者の目を引きつけていた。近くには、ツワブキの花やペーパー
ホワイトが綺麗に咲いていた。新宿門の近くでも、紅葉したモミジが素晴らしい。また、大
イチョウも黄葉して素晴らしい。






モミジ山の紅葉には早かったが、紅葉を堪能できて満足だった。

大内宿ほか

5月5日には、会津の大内宿ほかへ行った。
朝一番の混雑前に、大内宿に向かった。到着した時は、既に近くの駐車場は満車になっていて、
さすが連休だと認識した。大内宿に入ると、沢山の観光客がいたが、通りは広いので、苦になる程
ではない。家々には鯉のぼりが泳いでいて、なかなか良い雰囲気だ。桜やボケ、ツバキ等がまだ咲いて
いた。見晴台から見る家並みの俯瞰はとても素晴らしい。茅葺きのメンテが大変なのか、一部金属板
葺きになっているのは、やむを得ない事だろう。


 

ここは、ねぎ蕎麦で有名な所で、是非とも食べてみたいと思っていた。ねぎ蕎麦とは、箸の代わりに
ねぎ1本で食べる蕎麦で、温かい物と冷たい物がある。まだ朝の10時過ぎだったが、話の種に食べた。
蕎麦を食べながら、箸代わりのねぎも食べられるので、ねぎ好きとしてはありがたい。味の方は、
蕎麦もねぎも美味しく、食べてみて良かった。通りの脇の水路うえには、芝桜もあり、近くの家では、
サトザクラが綺麗だった。また、路傍には、かえるの置物があり、可愛らしい。そして、近くの店
では、柿ソフトという珍しいソフトクリームを販売しているというので、食べてみたが、柿の味が
良いのと凍ったシャキシャキ感が良かったが、一寸甘すぎたかも。




その後、大内宿を後にして、来た道を戻り那須に行った。この時期は、ゴヨウツツジには早いが、
もしかしてと期待して、マウントジーンズに行き、那須ゴンドラに乗った。しかし、山はまだ寒い
様で、山の上のゴヨウツツジは咲いていなかった。しかし、下の方に下りてくると、何本か花が
咲いている木を見つけた。また、何の木か蕾を沢山付けた木が見られた。下のゴンドラ乗り場には、
がっかりしない様にか、鉢植えのゴヨウツツジが置いてあった。



ゴンドラ乗り場近くのゲレンデには、一面のスイセンが植えられていて、素晴らしい眺めだった。
これだけびっしりと植わっていると、まるで絨毯の様だ。時期が良かったのか、一つ一つの花が
生き生きとしていて、初めて見る景色だ。スイセンにも何種類かの花があり、花の違いも面白い。
ゲレンデからエスカレーターで下に降りた所も、シャクナゲやヤマツツジが見事に咲いていた。





那須ゴンドラから、那須フラワーワールドに行った。今年は花が早いせいで、目指すチューリップは
半分程終わっていた。それでも、素晴らしい花も沢山見る事が出来た。周囲にはツツジも多く植え
られていて、満開で素晴らしい。中には珍しいチューリップも咲いていて、アイスクリームという
名の花もあった。チューリップのエリアのほかには、デイジーやポピー等のエリアがあった。
遠くには、那須連峰も見えていて、良い背景となっていた。













桜と春の花2018(5)

桜と春の花2018(5)

■3月29日、大崎の目黒川

4月を待たずに桜が散り始め、川面には花筏が出現している。それをかき分ける様に、花見クルーズ
の船が行き交っている。写真の船には、タクシーの文字が見えた。マンションの前庭には、ハナニラ
が満開になっている。

 

■3月30日、目黒川下流方面

目黑川を大崎から天王洲まで歩いた。まずは川を離れて、御殿山庭園に行った。ここでも、桜は散り
始めているが、桜祭りはまだ始まっていないという状態だ。人も殆どいずに、水鳥が遊んでいる。
桜の花びらが、沢山落ちて、美しい光景だ。そこから、権現山公園を通って、目黑川に出た。公園
では、桜の最後を惜しむかの様に、花見の宴が開かれていた。




荏原神社前に来ると、ソメイヨシノが満開だ。そこから川沿いに、東品川海上公園まで行った。
ここでは、沢山の親子連れが花見をしていた。桜は満開で、ソメイヨシノ、ヤエベニシダレが
咲いている。ハナモモやチューリップも咲いている。この公園は、何故かミッフィーがキャラ
クターになっている様だ。



向かいは天王洲公園で、ここにも沢山の親子連れがいた。目黑川はここが終点で、運河には大量の
桜の花びらが集まっていて、驚く様な光景を成していた。近くからは花見クルーズ船が出ていて、
丁度目黑川を遡るところだった。この花びらの運命がどうなるのかは、解明できなかった。



そこから、天王洲アイルに向かった。途中にある八重桜が、咲き始めていて、とても綺麗だった。
運河沿いにも、桜が咲いていて、良い雰囲気だった。近辺には、色々な花が咲いていて、とても
良い散歩だった。その後、東品川海上公園の脇を通り、大崎まで戻ると、花筏が来ていた。




■4月7日、皇居東御苑

ソメイヨシノが終わり、八重桜の時節になったので、皇居東御苑に行った。大手門前の濠には、
お約束のカワウがいて、羽を乾かしていた。二の丸庭園方面に向かうと、ヤマツツジが赤く
咲いているのが見えた。モウソウチクの林には、太いタケノコが沢山出ている。二の丸池周辺では、
ヤエザクラ、ヤマブキ、シャガ等が綺麗だ。カンザンやフゲンゾウの花は、ボリュームがあって
素晴らしい。




池の向こうには、クルメツツジが咲き始めている。反対側にはシャクナゲの花が見える。
そこから、シャクナゲの花が咲く小山に行った。アカボシシャクナゲの、上品なピンクの色が
とても良い。白の花も素晴らしい。クルメツツジはまだ咲き揃っていないが、それでも良い
景色だ。シャクナゲとのコラボも素晴らしい。松の花も面白い。





そこから天守台に向かう。向かいの桃華楽堂前のハナモモが綺麗だ。天守台脇のウコンは、
満開だが、緑の花が、緑の葉に紛れて、見栄えが良くない。その先には、ツツジやシャクナゲが
咲いている。桜の島では、フゲンゾウが見事だ。そこの竹林にもタケノコが。桜の島にはカンザン
が多くあり、満開になっている様はとても見事だ。下には、ドウダンツツジも咲いている。






富士見多聞前の斜面では、アカボシシャクナゲが見事に咲いている。その一角に、ヒカゲツツジが
素晴らしい。



松の芝生の縁にも多くの桜があり、種類も多い。フゲンゾウ、ギョイコウ、カンザン、センリコウ
等。



 

果樹古品種園では、古品種のリンゴの花が満開だ。その後、富士見櫓にも寄ってみた。そして、
出口近くの、トキワマンサクを見て、家路についた。


桜と春の花2018 完

桜と春の花2018(4)

桜と春の花2018(4)

■3月28日、新宿御苑

午後から新宿御苑へ出掛けたが、大崎駅へ行く途中に、目黒川沿いの道路街路樹の桜と大崎駅前の
桜を撮影した。

新宿御苑に到着したが、入場の手荷物検査があり、入場まで暫く掛かった。桜が満開と言う事で、
平日にも拘わらず凄い数の人、人、人。とは言え、苑内は広いので、芝生周辺以外は案外と楽に
歩く事が出来た。入苑して右手正面には、立派なハチジョウキブシの花がぶら下がる。桜の花に
負けていない。苑内は当然ながら桜づくしで、桜の木の下では多くの人が花見を楽しんでいた。






今年の桜はかなり早い為、春が一遍にやって来たみたいに、色々な桜が同時に咲いていて、いつにない
賑やかさだった。ソメイヨシノ、オオシマザクラ、ヤマザクラ、ヨウコウ、ヤエベニシダレ、タカトオ
コヒガン等々。どの花も見応えがある花ばかりだ。













 

右側は、弁殿という名前の桜。ヤエベニシダレは勢いがあって美しい。隣には、咲き残った
しだれ桜があり、ベニシダレとの競演も素晴らしい。




近くのドコモ代々木ビルを囲む桜を摂ってみた。池の周囲には、色々な桜があって素晴らしい。
桜園地では、ソメイヨシノが満開だ。中に、一段と美しいピンクの桜があったが、松前早咲という
桜だった。





隣の芝生広場には、大きなオオシマザクラとコヒガンが見事だった。また、その間には、桜の中に
一段と鮮やかなハナモモが咲いている。その左先には、ミツバツツジが桜とコラボで素晴らしい。

 

池の橋を渡り左に行くと、清楚なシロタエが咲いていた。いつ見ても美しいと感じる花だ。
ソメイヨシノを裏から透かして見ると、日本画の様で面白い。近くには、濃いピンクの
ヨウコウが咲いていて、ソメイヨシノとの対比が面白い。



日本庭園では、ソメイヨシノとヤエベニシダレの競演が見事だった。ハナカイドウは殆どが蕾で、
見頃はまだ先だった。新宿門の方に戻り、コブシとヤマブキの白と黄の対比を楽しんで、苑を出た。



桜と春の花2018(5)に続く。

桜と春の花2018(3)

桜と春の花2018(3)

■3月25日、大崎の目黒川周辺

大崎駅に隣接するビルの周囲には、桜を始め色々な花が咲く。これも再開発のメリットかも知れない。



目黒川沿いの再開発ビルの前にも、色々な種類の桜が植えられていて、春には目を楽しませてくれる。
勿論、目黒川沿いの桜並木も素晴らしい。マンションの前庭では、ハナニラとスノーフレークが
丁度見頃だ。花見のクルーズ船が、頻繁にやってくる。






目黒川を一寸外れて、近くの公園に行った。ここは、桜の季節はとても素晴らしい。桜のほかにも
トサミズキやキブシの花も見られる。




■3月26日、大橋ジャンクション

翌日、大橋ジャンクションから大﨑迄、目黒川を下った。出掛ける前に、家の前の目黒川の桜の
写真を撮った。

大橋ジャンクションへは、大崎駅前からバスで向かった。ここは、首都高のループ状のジャンク
ションで、屋上は目黒天空庭園になっている。庭園には色々な花が植えられていて、この季節は
とても華やかだ。トサミズキ、ハナモモ、ミツマタ、クリスマスローズ、ニワウメ等があった。



地上に出て、目黒川ウォークをスタートした。桜は満開で、それは見事だが、それにしても
ウィークデイだと言うのに凄い人。土日はどうなるのだろう。この日は天気も良く、川面に
映る桜が素晴らしい。所々、鳥や亀が遊んでいる。








桜を眺めて歩いていると、あっという間に目黒雅叙園前に来た。クルーズ船はこの付近で戻る
のだろう。と言うのも、上流は水深が浅くなっているからだ。暫くして五反田に来た。目黒から
下流は、人の流れがガクンと減る。




毎年楽しみにしているのが、この写真。ビルのステンレス板の外壁に写る桜の景色が大好きだ。
脇の公園のユキヤナギも面白い。また、目黒川を一寸外れた所の街路樹にも、桜が植わっていて
綺麗な花を付けていた。目黒川に戻ると、桜の花の上に、月があるのに気が付いた。





大崎の目黒川沿いに咲く桜の街路樹も満開で見事だ。最後にマンション前庭のハナニラを摂った。

桜と春の花2018(4)に続く。

桜と春の花2018(2)

桜と春の花2018(2)

■3月24日、小石川後楽園

しだれ桜が満開というニュースで、小石川後楽園に行った。しだれ桜は満開で素晴らしかったが、
人が溢れかえっていた。大泉水には、カモの親子がいて、子ガモがとても可愛らしかった。
この日は天気も良く、いつもは避ける東京ドームを入れて写真を撮ってみた。涵徳亭裏のしだれ桜は
殊に見事だったが、遊歩道は人が多過ぎて、写真を撮るのも大変だ。







団体休憩所の周囲には、色々な桜があって、とても気に入っている。今年は、カンヒザクラが
満開で見応えがあったし、その落花もまとまっていて面白い。そこから、円月橋を抜けると、
シデコブシの花が満開になっていた。シャクナゲはもうすぐにでも咲きそうで、クサボケは
白や赤の花を沢山咲かせている。





大泉水の向かいから見る桜の眺めは、池にも姿が映って素晴らしい。そして、その先の内庭の
桜も既に咲いていた。



再び大泉水に戻って池を見ると、白鷺と亀が行列を作っているのが面白い。そして、最初見た
しだれ桜を再び鑑賞。帰り道、後楽園駅の近くまで来ると、丁度ジェットコースターが落下する
ところに出会った。





 

桜と春の花2018(3)に続く。