桜と春の花2018(5)

桜と春の花2018(5)

■3月29日、大崎の目黒川

4月を待たずに桜が散り始め、川面には花筏が出現している。それをかき分ける様に、花見クルーズ
の船が行き交っている。写真の船には、タクシーの文字が見えた。マンションの前庭には、ハナニラ
が満開になっている。

 

■3月30日、目黒川下流方面

目黑川を大崎から天王洲まで歩いた。まずは川を離れて、御殿山庭園に行った。ここでも、桜は散り
始めているが、桜祭りはまだ始まっていないという状態だ。人も殆どいずに、水鳥が遊んでいる。
桜の花びらが、沢山落ちて、美しい光景だ。そこから、権現山公園を通って、目黑川に出た。公園
では、桜の最後を惜しむかの様に、花見の宴が開かれていた。




荏原神社前に来ると、ソメイヨシノが満開だ。そこから川沿いに、東品川海上公園まで行った。
ここでは、沢山の親子連れが花見をしていた。桜は満開で、ソメイヨシノ、ヤエベニシダレが
咲いている。ハナモモやチューリップも咲いている。この公園は、何故かミッフィーがキャラ
クターになっている様だ。



向かいは天王洲公園で、ここにも沢山の親子連れがいた。目黑川はここが終点で、運河には大量の
桜の花びらが集まっていて、驚く様な光景を成していた。近くからは花見クルーズ船が出ていて、
丁度目黑川を遡るところだった。この花びらの運命がどうなるのかは、解明できなかった。



そこから、天王洲アイルに向かった。途中にある八重桜が、咲き始めていて、とても綺麗だった。
運河沿いにも、桜が咲いていて、良い雰囲気だった。近辺には、色々な花が咲いていて、とても
良い散歩だった。その後、東品川海上公園の脇を通り、大崎まで戻ると、花筏が来ていた。




■4月7日、皇居東御苑

ソメイヨシノが終わり、八重桜の時節になったので、皇居東御苑に行った。大手門前の濠には、
お約束のカワウがいて、羽を乾かしていた。二の丸庭園方面に向かうと、ヤマツツジが赤く
咲いているのが見えた。モウソウチクの林には、太いタケノコが沢山出ている。二の丸池周辺では、
ヤエザクラ、ヤマブキ、シャガ等が綺麗だ。カンザンやフゲンゾウの花は、ボリュームがあって
素晴らしい。




池の向こうには、クルメツツジが咲き始めている。反対側にはシャクナゲの花が見える。
そこから、シャクナゲの花が咲く小山に行った。アカボシシャクナゲの、上品なピンクの色が
とても良い。白の花も素晴らしい。クルメツツジはまだ咲き揃っていないが、それでも良い
景色だ。シャクナゲとのコラボも素晴らしい。松の花も面白い。





そこから天守台に向かう。向かいの桃華楽堂前のハナモモが綺麗だ。天守台脇のウコンは、
満開だが、緑の花が、緑の葉に紛れて、見栄えが良くない。その先には、ツツジやシャクナゲが
咲いている。桜の島では、フゲンゾウが見事だ。そこの竹林にもタケノコが。桜の島にはカンザン
が多くあり、満開になっている様はとても見事だ。下には、ドウダンツツジも咲いている。






富士見多聞前の斜面では、アカボシシャクナゲが見事に咲いている。その一角に、ヒカゲツツジが
素晴らしい。



松の芝生の縁にも多くの桜があり、種類も多い。フゲンゾウ、ギョイコウ、カンザン、センリコウ
等。



 

果樹古品種園では、古品種のリンゴの花が満開だ。その後、富士見櫓にも寄ってみた。そして、
出口近くの、トキワマンサクを見て、家路についた。


桜と春の花2018 完

桜と春の花2018(4)

桜と春の花2018(4)

■3月28日、新宿御苑

午後から新宿御苑へ出掛けたが、大崎駅へ行く途中に、目黒川沿いの道路街路樹の桜と大崎駅前の
桜を撮影した。

新宿御苑に到着したが、入場の手荷物検査があり、入場まで暫く掛かった。桜が満開と言う事で、
平日にも拘わらず凄い数の人、人、人。とは言え、苑内は広いので、芝生周辺以外は案外と楽に
歩く事が出来た。入苑して右手正面には、立派なハチジョウキブシの花がぶら下がる。桜の花に
負けていない。苑内は当然ながら桜づくしで、桜の木の下では多くの人が花見を楽しんでいた。






今年の桜はかなり早い為、春が一遍にやって来たみたいに、色々な桜が同時に咲いていて、いつにない
賑やかさだった。ソメイヨシノ、オオシマザクラ、ヤマザクラ、ヨウコウ、ヤエベニシダレ、タカトオ
コヒガン等々。どの花も見応えがある花ばかりだ。













 

右側は、弁殿という名前の桜。ヤエベニシダレは勢いがあって美しい。隣には、咲き残った
しだれ桜があり、ベニシダレとの競演も素晴らしい。




近くのドコモ代々木ビルを囲む桜を摂ってみた。池の周囲には、色々な桜があって素晴らしい。
桜園地では、ソメイヨシノが満開だ。中に、一段と美しいピンクの桜があったが、松前早咲という
桜だった。





隣の芝生広場には、大きなオオシマザクラとコヒガンが見事だった。また、その間には、桜の中に
一段と鮮やかなハナモモが咲いている。その左先には、ミツバツツジが桜とコラボで素晴らしい。

 

池の橋を渡り左に行くと、清楚なシロタエが咲いていた。いつ見ても美しいと感じる花だ。
ソメイヨシノを裏から透かして見ると、日本画の様で面白い。近くには、濃いピンクの
ヨウコウが咲いていて、ソメイヨシノとの対比が面白い。



日本庭園では、ソメイヨシノとヤエベニシダレの競演が見事だった。ハナカイドウは殆どが蕾で、
見頃はまだ先だった。新宿門の方に戻り、コブシとヤマブキの白と黄の対比を楽しんで、苑を出た。



桜と春の花2018(5)に続く。

桜と春の花2018(3)

桜と春の花2018(3)

■3月25日、大崎の目黒川周辺

大崎駅に隣接するビルの周囲には、桜を始め色々な花が咲く。これも再開発のメリットかも知れない。



目黒川沿いの再開発ビルの前にも、色々な種類の桜が植えられていて、春には目を楽しませてくれる。
勿論、目黒川沿いの桜並木も素晴らしい。マンションの前庭では、ハナニラとスノーフレークが
丁度見頃だ。花見のクルーズ船が、頻繁にやってくる。






目黒川を一寸外れて、近くの公園に行った。ここは、桜の季節はとても素晴らしい。桜のほかにも
トサミズキやキブシの花も見られる。




■3月26日、大橋ジャンクション

翌日、大橋ジャンクションから大﨑迄、目黒川を下った。出掛ける前に、家の前の目黒川の桜の
写真を撮った。

大橋ジャンクションへは、大崎駅前からバスで向かった。ここは、首都高のループ状のジャンク
ションで、屋上は目黒天空庭園になっている。庭園には色々な花が植えられていて、この季節は
とても華やかだ。トサミズキ、ハナモモ、ミツマタ、クリスマスローズ、ニワウメ等があった。



地上に出て、目黒川ウォークをスタートした。桜は満開で、それは見事だが、それにしても
ウィークデイだと言うのに凄い人。土日はどうなるのだろう。この日は天気も良く、川面に
映る桜が素晴らしい。所々、鳥や亀が遊んでいる。








桜を眺めて歩いていると、あっという間に目黒雅叙園前に来た。クルーズ船はこの付近で戻る
のだろう。と言うのも、上流は水深が浅くなっているからだ。暫くして五反田に来た。目黒から
下流は、人の流れがガクンと減る。




毎年楽しみにしているのが、この写真。ビルのステンレス板の外壁に写る桜の景色が大好きだ。
脇の公園のユキヤナギも面白い。また、目黒川を一寸外れた所の街路樹にも、桜が植わっていて
綺麗な花を付けていた。目黒川に戻ると、桜の花の上に、月があるのに気が付いた。





大崎の目黒川沿いに咲く桜の街路樹も満開で見事だ。最後にマンション前庭のハナニラを摂った。

桜と春の花2018(4)に続く。

桜と春の花2018(2)

桜と春の花2018(2)

■3月24日、小石川後楽園

しだれ桜が満開というニュースで、小石川後楽園に行った。しだれ桜は満開で素晴らしかったが、
人が溢れかえっていた。大泉水には、カモの親子がいて、子ガモがとても可愛らしかった。
この日は天気も良く、いつもは避ける東京ドームを入れて写真を撮ってみた。涵徳亭裏のしだれ桜は
殊に見事だったが、遊歩道は人が多過ぎて、写真を撮るのも大変だ。







団体休憩所の周囲には、色々な桜があって、とても気に入っている。今年は、カンヒザクラが
満開で見応えがあったし、その落花もまとまっていて面白い。そこから、円月橋を抜けると、
シデコブシの花が満開になっていた。シャクナゲはもうすぐにでも咲きそうで、クサボケは
白や赤の花を沢山咲かせている。





大泉水の向かいから見る桜の眺めは、池にも姿が映って素晴らしい。そして、その先の内庭の
桜も既に咲いていた。



再び大泉水に戻って池を見ると、白鷺と亀が行列を作っているのが面白い。そして、最初見た
しだれ桜を再び鑑賞。帰り道、後楽園駅の近くまで来ると、丁度ジェットコースターが落下する
ところに出会った。





 

桜と春の花2018(3)に続く。

桜と春の花2018(1)

桜と春の花2018(1)

今年の桜と春の花を5回にわたり、日付順に整理しようと思う。

■2月14日、品川区荏原神社

ここのカンヒザクラが有名だ。良く見るカンヒザクラとは違って、色が明るく、下を向かないで
花弁も開いていて、より鮮やかだ。


■3月4日、新宿御苑

梅が満開で、フクジュソウも咲いている。寒桜が満開近くで、素晴らしい。下にはフキノトウ
が沢山出ている。アセビの花もたわわで見事だ。






日本庭園の茶室翔天亭近くには、大きな寒桜があり、満開に咲いており、多くの人が写真を撮って
いた。中の池のレストハウス手前の橋近くには、マンサクが光り輝いていた。近くのサンシュユの
花も見事に咲いていた。また、近くにはカモのつがいが可愛らしい。





レストハウス下のシュゼンジカンザクラもほぼ満開で見事だった。

 

レストランゆりのき前の植え込みでは、梅と河津桜のコラボが素晴らしい。



■3月18日、浜離宮恩賜庭園

ナノハナまつり期間中で、ナノハナの黄色が目にしみる。スノーフレークの花も可愛い。中央の
大泉水には、水鳥が沢山見られた。途中の中島の御茶屋で、菓子付きの抹茶を頂いた。庭園を一周
してから花木園に行くと、ハクモクレンやユキヤナギ、トサミズキ、オカメツバキ、クサボケ、
サンシュユ等が咲いていた。


 




門を出ると、濠の所にシラサギが獲物を探していた。新橋駅への帰り道、スイセンやヒイラギ
が脇の花壇に植えてあった。


桜と春の花2018(2)に続く。

新宿御苑の紅葉

12月9日には、新宿御苑の紅葉を見に行った。土曜日とあって、大勢の人が訪れていた。
まずは、新宿門前にイチョウの落ち葉のジュータンが綺麗だ。ペーパーホワイトも咲き始めている。
入園して、母と子の森方面に向かう。途中のモミジが色づいている。森を抜けて、ラクウショウの所
では、落ち葉の中で気根のネコが迎えてくれる。そして、外側の回遊路を行くと、サザンカの花が
満開に咲いていた。


更に進んで、日本庭園に出た。そこのモミジも紅葉していて、見事だ。丸く刈り込まれたドウダンツツジ
の赤も綺麗だ。旧御凉亭脇には大きなイチョウが真っ黄色だ。



 

そこから芝生広場に行くと。メタセコイアの大きな木が紅葉していて素晴らしい。広場を抜けると、
桜園地がある。前回もみた十月桜がまだ咲いていた。その先には、お目当てのモミジ山がある。
そこへ行くと、大勢の人がモミジにカメラの放列を向けていた。その為、写真を撮るのに、暫く待つ
必要がある程だった。モミジ山の下から見ると、モミジがまだ赤くなりきって無いのが分かる。
そこから、下の池に廻った。池にはメタセコイアが綺麗に映っていた。また、ペーパーホワイトも
咲き始めていた。池の水面や小島には、紅葉の落ち葉がびっしりとあった。




池を後にして、フランス式庭園の奥を廻った所に、素晴らしいモミジを見つけた。また、プラタナス
並木の下では、ヤツデの花が光ってとても綺麗だった。そこからイギリス式庭園の方へ行った所に、
真っ黄色に黄葉した素晴らしい木があった。



 

その後、玉藻池に行くと、夕日に透けるモミジがあり、とても素晴らしかった。池の奥の方には、
真っ赤なドウダンツツジと、真っ赤な実を沢山付けた木があり、カモの姿と共に素晴らしい。
水面に映る木の実も面白い。




 

そこからイギリス式庭園に出ると、メタセコイアが夕日を受けて光っていた。そして、新宿門へ向かう
途中には、ペーパーホワイトが既に7分咲きになっていて、モミジとコラボして素晴らしかった。


 

モミジには一寸早いかと思ったが、それなりに楽しむ事が出来て、とても良かった。

晩秋の浜離宮

11月26日の日曜日に、晩秋の浜離宮へ行った。日曜日とあって、紅葉狩りツアーらしき団体が、多く
訪れていた。季節的にまだ早いと思ったが、結構晩秋を楽しむ事が出来た。
今回は、大手門から入園して右回りに歩いた。まず目を引くのが、大きなケヤキ。全体が紅葉して、
青空に良く映える。先にはイチョウの黄葉。そして、見事なモミジ。その前には大勢の人だかりが
出来ていた。




潮入の池周辺には、沢山のツワブキが、黄色い花を満開に咲かせている。池の反対側に行くと、中の橋
近くにアオサギとウミウを見つけた。対岸には真新しい松の御茶屋と雪吊りが見える。手前には沢山の
カモの姿があった。


横堀に廻ると、別のアオサギもいた。海の方を見ると、丁度水上バスが乗り場の方へと向かっていた。


海手お伝い橋の近くには、ウミウが数羽いて、時々潜って狩りをしたり、羽を干したりしている。
これはいつもの光景だが、これを見るのもここでの楽しみの一つだ。


さらに歩くと、黄色い実を沢山付けた木があった。その先水上バス発着場を過ぎた所には、サザンカの
花が沢山咲いていた。そこから、花木園に行くと、十月桜が満開で見事だった。花が小さくて、余り
目立たない桜だが、これは花が咲いているのが良く分かった。庭園を一周して退園したが、外の堀には
石垣の隙間から生える木の紅葉があり、面白かった。



天気が良いと、ここまで散歩に来るが、広々として気持ちが良い所で、気に入っている。

皇居東御苑の晩春

4月23日に、久しぶりに皇居東御苑へ行き、晩春の東御苑を楽しんだ。
東京駅から、和田倉噴水公園の八重桜を見て、東御苑に入苑した。入苑してすぐに二の丸庭園に
向かった。花菖蒲には早すぎたが、藤棚の藤が咲き始めていた。また、裏手にはエビネが見事に
咲いていて、シャガの白の脇で引き立っていた。

池の畔のシランも咲き始めだが、池の水に映えていた。池の中では、コウホネも咲いていた。
橋の所には、尾の長い鯉が集まっている。桜越しのツツジも素晴らしい。林の下にはシャガの群落が
まだ咲き残っていた。池奥の小山には、キエビネが咲いていた。


 

諏訪の茶屋方向に向かうと、途中ヤマツツジが見事に咲いていた。諏訪の茶屋に来ると、向かいのクルメ
ツツジが見事だ。また、茶屋の前にはボタンが見事に咲いていた。先に歩いて行くと、見事なシランや、
天守台近くにはオドリコソウを見る事が出来た。



 
 
 

天守台の前には、ウコン桜があり、目立たない緑の花が満開になっていた。天守台には大勢の人が
上っていたが、この桜を見る人は誰もいなかった。その近くの、可愛らしい花やタンポポの綿毛も
面白かった。そして、桜の島の八重桜が見事に咲いていた。

 
 
 

そこから少し先にの、変わった模様の竹には、伸びてきたタケノコが沢山あった。その先にはバラ園
があり、モッコウバラが見事に咲いていて、ハマナスの花も咲いていた。


 
 

富士見多聞の前には、咲き残ったシャクナゲがあった。そこから、本丸休憩所の方に行くと、松の芝生
のはじにあるウコン桜の花が、びっしりと落ちていて、いつもの桜の花びらと違う光景が見られた。
先に行くと、そこにも素晴らしい八重桜があった。

 

 

そこから、松の廊下方面に戻ると、ヒメウツギがびっしりと咲いていた。また、向かいの果樹園では
ナシの花が咲いていた。近くにはハナイカダやイチハツも咲いていた。

 
 

先に行くと、木の花や石垣の石に咲く草が見られた。そして、大手門出口方向へ行くと、石垣の上
にある木が、丸くなっていて面白かった。その向かいの百人番所脇のツツジは、色とりどりの花を
付けて素晴らしい。出入り口の近くには、白いトキワマンサクやコデマリが咲いていた。大手門を
出た所の大手濠には、その辺の主である白鳥と鵜がいて、観光客を楽しませていた。

 
 
 

次は、花菖蒲の時節に訪れたい。

京都の桜(3)

3日目は、天気予報の通り雨となった。有馬温泉を出発したバスは、太陽の塔の前を通って、一路
妙心寺の退蔵院へと向かった。妙心寺の駐車場からは、雨の中を結構な距離歩いて退蔵院に着いた。
まず方丈の見学をしたが、そこの蹲いや元信の庭の枯山水などが見事だった。そこから、庭園の方に
廻ると、有名な紅しだれ桜が咲いていた。雨の中でも、美しさは失われていなかった。

   

奥の方には、趣のある石灯籠もあり、ひょうたん池周りのしだれ桜も見事だった。そして、元に
戻って紅しだれ桜をもう一度眺め、出口の側の蹲いを見てから、退蔵院を後にした。

    

次に向かったのは南禅寺だ。土砂降りの中バスを降り、裏から南禅寺へと向かった。インクライン脇
の桜並木が見事だったが、雨の中ゆっくり鑑賞している気分ではなかった。路肩に集まった桜の花びら
が綺麗で、慰めになった。南禅寺の山門で雨宿りをしながら、雨の中どこを歩こうかと迷ったが、
哲学の道を歩いて、銀閣寺迄行く事にした。

   

哲学の道への途中、若王子神社を経由した。哲学の道に入ると、一段と雨脚が強くなり、折角の
綺麗な桜も台無しだった。歩く人も殆ど無かったが、静かな雰囲気で良かったのかも知れない。

    

途中、法然院に寄り道したが、やはり雨で立ち寄る人もまばらだ。また哲学の道に戻り、桜を
鑑賞しつつ、駐車場はまだかと歩くと、暫くして銀閣寺の参道に出た。

    

ここまで来たら目的貫徹と、銀閣寺にたどり着いたが、ここには大勢の観光客が来ていた。その大半
は外国からの観光客のようだった。滝のような雨の中、銀閣を一周してから、参道脇の喫茶店に濡れた
服を幾らかでも乾かす為に入って、温かいコーヒーを飲んだ。そして、集合時間が近くなったので、
バスに乗り込んだ。

 

最終日は生憎くの雨となったが、心配だった桜は総じて満開で、満足のいくツアーだった。
(京都の桜-完)

京都の桜(2)

京都の桜ツアー2日目
朝の出発前、大津のホテルの前から、琵琶湖の向かいの大津プリンス(同じツアーの分宿)が見えた。
この日は、まず京都御苑に向かった。この日から、京都御所の一般公開が始まると言うので、楽しみに
していた。御苑に入って一番に御所に入ったが、思った程には混んでいなかったので、比較的すぐに
入場できて良かった。中の承明門越しに、紫宸殿が目に入って、初めて見るその光景に感激した。
そして、脇の方から紫宸殿の前まで行った。そこから、中庭の方に回ると、雅楽を奏するところや、
蹴鞠をする庭等を見る事ができた。また、日本庭園があり、桜も咲き誇っていた。

 
 

 
 
 
 

 
 

御所内を回った後、御苑に出てから裏の方の公園に行った。そこには沢山の桜が咲いており、
とても素晴らしい眺めだった。特に、桜越しに御所を見るのは、いかにも京都の雰囲気で良かった。
ツアーは時間があまりないので、ゆっくりと鑑賞できなかったのが残念だった。

 
 
 

 
 

その後、嵐電に乗り、桜のトンネルを通って嵐山に行った。嵐山の駅には、洒落た飾り柱が沢山
あり、なかなか面白かった。通りに出ると、桜並木が満開で素晴らしい。人力車も一生懸命
営業をしていた。

  

ツアーではそこから少し歩いて、花見遊覧船に乗った。船は保津川を少し遡って、また戻るという
だけだが、いつもと違う景色と雰囲気は、大変楽しいものだった。勿論、山の桜も素晴らしかった。
また、船頭同士の掛け合いも楽しかったし、物売りの船で買ったみたらし団子も美味しかった。

 

 
 

遊覧の後、食事をしてから、自由行動となった。渡月橋はと見ると、人の列がすごい事になっている。


 

私達は、天竜寺へと向かった。参道の桜も綺麗だったが、池の中に残る蓮の実の回りに、桜の花びらが
付いている様子が面白かった。中の庭園には、沢山の人が来ていた。そこから池の向かいの方に行くと、
しだれ桜が見事に咲いていた。また、ミツバツツジやシャクナゲ、ツツジ、ミツマタ、ハナズオウ等が
素晴らしい眺めを作っていた。

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 

天竜寺の中を抜けて、竹林を通り、大河内山荘へ行った。そこからの嵐山の風景も素晴らしかった。
そして、京都の町の、桜越しの眺めも良かったし、入園料に含む茶の一服も美味しかった。

 
 
 

その後、野宮神社の苔を見てから、表通りを歩いてバスの駐車場に行った。

その日の泊まりは、京都の町を通り越して、有馬温泉だった。夕食までの間に、温泉街を散歩して
歩いた。有馬川沿いには、桜が満開になっていたし、山を見ると山桜が沢山咲いていて素晴らしい。
ホテルに戻る途中では、猿使いが大道芸を見せていて、暫く楽しんでからホテルに戻った。


 
 

わざわざ有馬温泉と思ったが、味気ない町中のホテルよりは良かったかも知れない。(3日目に続く)