桜と春の花2018(1)

桜と春の花2018(1)

今年の桜と春の花を5回にわたり、日付順に整理しようと思う。

■2月14日、品川区荏原神社

ここのカンヒザクラが有名だ。良く見るカンヒザクラとは違って、色が明るく、下を向かないで
花弁も開いていて、より鮮やかだ。


■3月4日、新宿御苑

梅が満開で、フクジュソウも咲いている。寒桜が満開近くで、素晴らしい。下にはフキノトウ
が沢山出ている。アセビの花もたわわで見事だ。






日本庭園の茶室翔天亭近くには、大きな寒桜があり、満開に咲いており、多くの人が写真を撮って
いた。中の池のレストハウス手前の橋近くには、マンサクが光り輝いていた。近くのサンシュユの
花も見事に咲いていた。また、近くにはカモのつがいが可愛らしい。





レストハウス下のシュゼンジカンザクラもほぼ満開で見事だった。

 

レストランゆりのき前の植え込みでは、梅と河津桜のコラボが素晴らしい。



■3月18日、浜離宮恩賜庭園

ナノハナまつり期間中で、ナノハナの黄色が目にしみる。スノーフレークの花も可愛い。中央の
大泉水には、水鳥が沢山見られた。途中の中島の御茶屋で、菓子付きの抹茶を頂いた。庭園を一周
してから花木園に行くと、ハクモクレンやユキヤナギ、トサミズキ、オカメツバキ、クサボケ、
サンシュユ等が咲いていた。


 




門を出ると、濠の所にシラサギが獲物を探していた。新橋駅への帰り道、スイセンやヒイラギ
が脇の花壇に植えてあった。


桜と春の花2018(2)に続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です