目黑川の桜2019(1)

2019年の目黑川の桜を総括してみた。
【目黑川の桜2019(1)】
(3月25日)
目黑川の桜が開花して数日後に、大崎駅周辺を歩いてみた。早く咲いているのはオオシマザクラで、
満開に近かった。ソメイヨシノはちらほらと咲いている程度だ。近くのビルの前では、ヨウコウが
素晴らしい。毎年、この濃いピンクの桜が、ソメイヨシノより早く一際目立っている。また、近くの
マンションの前庭では、ハナニラやスノーフレーク、ハナモモが綺麗に咲いている。


(3月28日)
夕方の帰宅途中に、五反田付近でスマホで撮影してみた。

(3月31日)
バスで中目黒の少し先まで行き、そこから大崎まで下った。今や桜の名所となった目黑川なので、
平日にも拘わらず、人が溢れていた。中目黒の桜は7分咲き位で、まだ茶色の枝が目立っていた。
とは言え、満開に近い所もあり、十分に素晴らしかった。


途中の建物の脇には、ハナモモが綺麗に咲いていた。その少し先には、中目黒公園があり、沢山の
人が、花見の宴を催していた。その公園には、桜のほかにも、ハナカイドウやアリウム等、色々な花
が咲いていた。桜も何種類か咲いていた。

再び下って、目黑付近に来ると、桜はまだ4分咲き程度で、一寸華やかさに欠けていた。


その後、寄り道して不動前のかむろ坂の桜並木を見た。そして、また戻り五反田のサクラテラス
迄来たが、ここの広場でも、花見の宴がたけなわであった。更に下って、大崎方面へと進んだ。
途中にあるビルの、ステンレス外壁に写る桜は毎年の楽しみだ。御成橋公園では、子供がブランコ
で花見をしているのが面白かった。この日は天気も良く、多くのクルーズ船が行き交っていた。
この日の最後は、駅近くのマンションの公園にあるクジラの頭。尻尾はどうしたかというと、
しながわ水族館の庭にあるのだ。目黑川脇を走る道路の桜並木も素晴らしい。


(4月1日)
大崎駅近くの目黑川の桜。駅前の桜並木の俯瞰も素晴らしいが、今年はまだ満開になっていなかった。
最後は、大崎の目黑川沿いに咲く桜並木の俯瞰(4月3日)。

続きは【目黑川の桜2019(2)】で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です