皇居東御苑のつつじと春の花

4月21日には、皇居東御苑のつつじと春の花を見に行った。先週ヤエザクラとシャクナゲを見た
ばかりだが、もう先の季節がやって来ていた。先週見たモウソウチクのタケノコは、既に立派な
竹に成長していた。新雑木林では、キンランが見られた。二の丸池周辺では、アヤメ、ヤマボウシ、
シナノキンバイ、フジ、シャガ、シラン等が咲いていた。池の中では、コウホネ、ヒメコウホネ
が、諏訪の茶屋では、ボタンが終わろうとしていた。





諏訪の茶屋前にあるクルメツツジは、先週と違い、満開になっていてとても見事だ。先週咲いて
いた分は、終わりかけているのは仕方ないか。



そこから、二の丸雑木林に入ると、色々な山野草が咲いていた。中でも、キンラン、ギンランは
彼方此方に咲いていたが、小さな花を良く見ると、しっかりランの顔をしていた。また、木漏れ陽
に透き通るヤマツツジが素晴らしかった。




 

二の丸から、バラ園へ行った。底では、コウシンバラやモッコウバラ、サクラバラが綺麗に咲いて
いたが、これらも先週は咲いていなかった。



富士見多聞前のシャクナゲは、先週見事に咲いていたが、今週は僅かに残るのみだった。先へ進むと、
真っ白はヒメウツギが華やかに咲いている。更に先の野草の島には、色々な山野草が可愛らしく
咲いている。果樹園の端では、シランやアイリスが綺麗だ。




 

休憩所の側では、木の花が陽に輝いていてまぶしい。その後、大手門に向かったが、百人番所脇
のツツジが、綺麗に咲いていて、外国人に好みの被写体のようだった。

 

天気が良いと、気軽に来られるので、好みの場所はいつも期待を裏切らない。

根津神社のつつじまつり

4月14日に、根津神社のつつじまつりへ行った。ニュースで、つつじが見頃となっていると言うので、
何年ぶりかで行ったが、同じ思いの人で、つつじ苑は溢れかえっていた。ここのつつじの種類は100種
程あるそうで、咲く時期も何回かに分かれているので、間を置いて3回位来ると良いらしい。この日は
早咲きが満開と言う事で、色々な種類のつつじを楽しむ事が出来た。苑路からは、楼門や神橋が眺め
られる。写真でも、人の多さが良く分かる。




苑の端には、多くの鳥居が建っていて、つつじとのコラボが面白い。この時期はクルメツツジが
多いようだが、その種類もかなり多い。赤でも色々な赤があり、八重があったり、小さな花が
あったりで、とても見応えがある。また、今にも咲きそうな可愛らしい蕾も面白い。




中でも素晴らしかったのは、真っ白な花の中に赤やピンクが混ざっている株だ。真っ赤な花の中で、
3色の花が一段と目立っていた。ほかにも、オレンジの花や淡いピンクの花、斑入りの花や見事に
真っ赤な花等も素晴らしい。






 

つつじを楽しんだ後、拝殿でお参りをした。そして、楼門を潜り、つつじ苑の前にある池の前から
つつじ苑を眺めた。


つつじ苑は、人が溢れてはいたが、満開のつつじに満足して、近くで昼食を摂ってから帰宅した。